(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画 高さ150m超高層複合ビル建設!

最終更新:2018.05.09

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画について

みなとみらい37街区で新たな超高層ビル開発計画が明らかになりました。パナソニックホームズ、ケネディクス、鹿島の3社で構成する合同会社KRF48による「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」は、地上28階建て、高さ約150m、延べ床面積約122,000㎡の超高層複合ビルを建設する計画です。

低層階に店舗、カンファレンスルーム、コワーキングスペースなどが入居し、中層階はオフィス、セットバックした高層階にホテルが入居する予定です。

完成予想イメージ

ガラス張りの現代的な外観となりそうです。高さ150mの超高層ビルですが、オフィス部分がかなりボリューミーな印象を受けます。

画像引用元:MMに超高層複合施設/延12万㎡、20年4月着工/鹿島ら合同会社

計画概要

用途 オフィス・ホテル・店舗等
延床面積 約122,000㎡
階数 28階
高さ 約150m
完成予定時期 2023年3月

開発ラッシュが続くみなとみらい21エリア

確認しているだけで、「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」の他に14件の大規模開発計画が建設もしくは計画中で、みなとみらいエリアは空前の開発ラッシュに見舞われています。

みなとみらいエリアはこれらの計画が全て完了する頃には、旧来からの横浜の中心地「関内エリア」や、高度経済成長期以降発展を続けてきた「横浜駅周辺エリア」を差し置いて、横浜市のビジネス・商業の中心地となりそうです。

みなとみらいの再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 長野県千曲市
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。
スポンサー様募集 都市レポでは広告を掲載してくださるスポンサー様を募集しております。
詳しくは広告掲載についてをご覧ください。