アハモ(ahamo)のエリアは?【ドコモ新プラン】5Gや3G、LTEは使える?

ahamo(アハモ)の提供エリアはどうなる?

2020年12月にサービス名が発表されたNTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ」は、月間データ通信容量が20GBでありながら、1回5分間までの通話料が何回でも無料付きで、月額料金が2,970円(税込)に抑えられている、格安かつ大容量のオンライン専用プランとして、広く注目を集めています。

しかし、安さの裏には提供エリアが狭かったり制限があったりするのではないか?と気になる方もいるようです。

当記事では、ahamo(アハモ)のつながるエリアはどうなのか?問題ないのか?解説します。

ahamo(アハモ)の提供エリアはドコモの4G/5Gエリアと全く同じ!

ahamo(アハモ)はMVNOではなく、NTTドコモの通信回線と完全に同一のMNOとして提供されます。

そのため通信品質はドコモの4G/5Gエリアと全く同じとなり、提供エリアはドコモ公式サイトの「サービスエリアマップ」にて掲載されています。

5Gの狭いエリアが目立つように表示される場合がありますが、薄い色で日本全国の山林エリアを除く市街地や平野部のほとんどを4G(LTE)エリアがカバーしています。

<NTTドコモ公式サイト>通信・エリア

一部ドコモの3G(FOMA)のみが対応し、4Gや5Gが対応していないエリアが海上エリアなどを中心に存在していますが、そのエリアではahamoのスマホが3Gに対応していても、回線を利用することができません。

アハモは月額2,970円(税込)で月間データ容量が20GB!さらに1回5分間までの通話料が何回でも無料!

アハモの公式サイト

ahamo(アハモ)の人口カバー率は99%以上!

ahamoはNTTドコモと同一の通信回線を利用するモバイル通信サービスです。

NTTドコモの4G・LTEの日本国内における人口カバー率は、2014年度末の時点で99%を超えており、現在は更にカバー率が上がっているものと思われます。

そのためahamoの4G・LTEの人口カバー率も99%以上となり、さらに高速通信が可能な5Gも今後はエリアが急速に拡大していく予定です。

ahamoは大手携帯電話会社NTTドコモと同一の回線を使用し、エリアも同一のため、安心感がありますね。

アハモは月額2,970円(税込)で月間データ容量が20GB!さらに1回5分間までの通話料が何回でも無料!

アハモの公式サイト

dカードは年会費無料でアハモで使える特典アリ!

  • 1年間最大1万円分のケータイ補償を受けられる!
  • 2021年9月より提供予定!毎月1GBアハモのデータ通信容量が「ボーナスパケット」でプラス!
  • dカードの年会費は永年無料!
  • 新規ご入会&各種設定&ご利用に応じて[要Webエントリー]合計最大8,000ポイントプレゼント!
  • ▼以下公式サイトで詳しくチェック▼

dカード

dカード GOLDでアハモをよりお得に使える!

  • 3年間最大10万円分のケータイ補償を受けられる!
  • 2021年9月より提供予定!毎月5GBアハモのデータ通信容量が「ボーナスパケット」でプラス!
  • 新規ご入会&各種設定&ご利用に応じて[要Webエントリー]合計最大13,000ポイントプレゼント!
  • ▼以下公式サイトで詳しくチェック▼

dカード GOLD

Follow

フォローして情報を受け取る