3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【2022年12月4日まで】LINEMOスマホプランへ他社から乗換で13000円相当還元のブラックフライデーキャンペーンを開催中!※他社からMNPのみ。
  • 月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamo(アハモ)大盛りをpovo 2.0と比較!どんな違いがある?のサムネイル画像

ahamo(アハモ)大盛りをpovo 2.0と比較!どんな違いがある?

#ahamo

ahamo(アハモ)大盛りとpovo 2.0の違いを比較!

【2022年8月更新!】

格安スマホの普及を受けて、大手キャリアが続々と格安プランを発表しています。

NTTドコモは20GB固定の中容量プランとして「ahamo」を展開していましたが、ahamo大盛りが開始され、月額オプション形式ですが大容量にして使うことを選択することも可能になりました。

  • ahamo大盛りは2022年6月9日10:00サービス提供スタート!

当記事では、ahamo大盛りとpovo 2.0に関する以下の違いについて説明し、それぞれのプランはどんな人がおすすめなのかについて述べていきます。

  • データ容量の違い
  • 通話料の違い
  • 料金の違い
  • 電波のつながりやすさの違い
  • 家族割の違い
  • ahamoとpovo 2.0はどちらがおすすめ?

データ容量の違い

1つ目は、データ容量の違いについてです。

結論を言うと、ahamo大盛りは月の使用可能量が一定である一方、povo 2.0は期間ごとに使うギガを購入でき、使い切った場合は追加でトッピングするシステムになっています。

では、それぞれの違いを見ていきましょう。

ahamo大盛りのデータ容量

ahamo大盛りのデータ容量は月100GBです。

100GBの容量があれば、生活の中で不自由になることはあまりないでしょう。

100GBの基準としては、動画であれば、1ヶ月で200時間、つまり、毎日6時間40分動画を見続けることで達する量です。

普段たくさんギガを使う人でも、満足のいく量だと思います。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

povo 2.0のデータ容量

一方、povo 2.0のデータ容量は一定ではなく、使う量と使用可能期間を以下の6つの候補の中から選択できます。

また、使用期間内にデータを使い切ると、通信制限となり、新たにデータを購入する必要があります。

  • 24時間データ使い放題
  • 7日間1GB
  • 30日間3GB
  • 30日間20GB
  • 90日間60GB
  • 180日間150GB

日数、データ容量ともに多くのラインナップがありますが、言い換えれば以下の3つの特徴があると言えます。

  • データを使う月、使わない月でデータ量を調整できる小容量、中容量選択型プラン
  • データをまとめ買いすることもできる
  • データを使う時だけ使うことも可能

たとえば、小容量プランで安く使いつつ、データを多く使う日は追加でトッピングをすることもできるので、ahamo大盛りと比べて柔軟性のあるプランになっています。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!
povoの公式サイト

通話料の違い

2つ目は通話料の違いの比較です。

通話料については、それぞれ異なる特徴を持っているため、順番に説明していきます。

ahamo大盛りは5分間の通話無料が基本料金に含まれる

まず、ahamo大盛りは、5分以内の通話であれば何度電話をかけても無料となっています。

この5分間の通話無料サービスは基本料金に含まれているため、追加の月額料金がかかることはありません。

ただし、もし通話時間が5分を超えてしまった場合には、30秒につき22円の通話料が加算されるので注意しましょう。

ちなみに、かけ放題のオプションをつける場合は1,100円となっています。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

povo 2.0は5分間の通話無料オプションに料金がかかる

一方、povo 2.0の場合、通話無料オプションは無料でついてきません。

通話無料オプションの種類と料金については以下の通りです。

  • 5分以内通話かけ放題:550円
  • 通話かけ放題:1,650円

ahamo大盛りの5分かけ放題は無料ですので、povo 2.0の方が550円高いことになります。

通話料は、30秒につき22円の通話料が加算されるのでドコモと同じです。

また、かけ放題においても、ahamoは1,100円なので、同じく550円料金が高くなっています。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!
povoの公式サイト

料金の違い

3つ目は料金の違いです。

ahamo大盛りとpovo 2.0の料金は、月どれだけデータを使用するかによって大きな差があります。

結論を言えば、月のデータ利用料が特に多い方(50GB程度)は、ahamo大盛りを選んだ方が安くすみます。

それぞれ解説していきます。

ahamo大盛りの料金

ahamo大盛りの料金は、ahamoの基本料金に大盛りオプションがついたものになっています。

  • ahamo基本料金:2,970円
  • 大盛りオプション:1,980円
  • 合計:4,950円

合計すると月額料金は4,950円となり、三大キャリアの大容量プランと比べると、かなり安く使えることがわかります。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

povo 2.0の料金

一方、povo 2.0の料金は以下の通りです。

  • 24時間データ使い放題:330円
  • 7日間1GB:390円
  • 30日間3GB:990円
  • 30日間20GB:2,700円
  • 90日間60GB:6,400円
  • 180日間150GB:12,980円

ahamo大盛りと比較するにあたって、まずは月100GBをpovo 2.0で使うと仮定して計算すると以下のようになります。

  • 12980円×2/3=8,563円
    (もっとも1GBあたりの料金が安い150GBの料金を参考に算出しています)

ahamo大盛りの料金4,950円と比べるとかなり高いことがわかります。

しかし、50GBをpovo 2.0で使うと考えると約4,326円と、5分通話の550円を加えてもahamo大盛りより安くなるので、その辺りが基準になってきそうです。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!
povoの公式サイト

電波のつながりやすさの違い

4つ目は電波のつながりやすさの比較です。

それぞれのプランで使われている回線は以下の通りです。

  • ahamo大盛り:ドコモ回線
  • povo 2.0:KDDI回線

つまり、ahamo大盛りとpovo 2.0の電波のつながりやすさは、docomoとauのそれと同じように考えて問題ありません。

よって、どちらも日常生活で問題なく使えるでしょう。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

家族割の違い

最後は、家族割の違いについて比較します。

とは言っても、ahamo大盛りとpovo 2.0はどちらも家族割などの割引はありません。

ただし、ahamo大盛りのみ、家族の中でドコモユーザーがいる場合、適用条件の対象になります。

つまり、家族割の条件である家族で3回線以上使っていれば割引になるという「3回線」にahamo大盛りの回線も含まれるということです。

逆に、povoの場合、auのプランではありますが、auユーザーが家族にいたとしても家族割の条件の対象にはなりませんので注意しましょう。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

ahamoとpovo 2.0どちらがおすすめ?

これまでahamo大盛りとpovo 2.0の違いを比較解説しましたが、結局どんな人がどちらの回線を使えばいいのでしょうか。

それぞれ解説していくので、参考にしてみてください。

ahamo大盛りを使った方がいい人

まず、ahamo大盛りを使った方がいい人の特徴は以下の通りです。

  • 60GB以上使っている人
  • 家族にドコモユーザーがいる人

ahamo大盛りは、なんといっても1ヶ月100GBという大容量のデータが魅力です。

月60GB程度データを利用する方はpovoよりも安く使うことができます。

また、60GB以下の方も、家族でドコモを使っている方がいれば家族割が効くので、ahamoにすることをおすすめします。

もし、データをあまり使わない月があり、家族の中にドコモユーザーがいない場合はpovo 2.0を検討してもいいかもしれません。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

povo 2.0を使った方がいい人

続いて、povo 2.0を使った方がいい人の特徴は以下の通りです。

  • 月のデータ使用量が50GB以下の人
  • データを使いすぎる月と使わない月の差が激しい人

解説した通り、povo 2.0は使用するデータ量に合わせてギガ数を調節できるプランです。

ですので、毎月100GBのahamo大盛り、さらには20GBのahamoよりも少ない料金での使用も可能になっています。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!
povoの公式サイト

ahamo大盛りとpovo 2.0を比較するポイントは、月の使用データ量と家族割!

ahamo大盛りとpovo 2.0をたくさんの観点から比較し、どちらがどんな人におすすめかを解説しました。

ahamo大盛りは大容量のデータ通信が安く使えるのが魅力で、反対にpovo 2.0は使う予定のデータ量に応じて料金を調節できるのが魅力です。

また、料金以外に重要なポイントとしては、自分以外の家族が使用している回線のキャリアを確認しておくことです。

変更したことにより家族割がなくなって、結果的に損してしまうことがないようにしましょう。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!
ahamoの公式サイト※機種代金別途

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【2022年12月4日まで】LINEMOスマホプランへ他社から乗換で13000円相当還元のブラックフライデーキャンペーンを開催中!※他社からMNPのみ。
  • 月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

dカード GOLDでahamoをよりお得に使える!

  • 毎月5GBahamoのデータ通信容量が「ボーナスパケット特典」でプラス!※ahamoご利用料金の支払いをdカードに設定する必要あり※ahamoの利用可能データ容量に毎月+5GB増量
  • Webでの新規入会&ご利用&要Webエントリーで合計最大11,000ポイントを進呈!※dポイント(期間・用途限定)での付与 ※申込翌々月末までのご入会対象 ※dカード GOLDは年会費11,000円(税込)がかかります。
  • 3年間最大10万円分のケータイ補償を受けられる!※補償条件:偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となった場合
  • ▼以下公式サイトで詳しくチェック▼

dカード GOLDのサイトを見る

dカードは年会費永年無料でahamoで使える特典アリ!

  • 毎月1GB、ahamoのデータ通信容量が「ボーナスパケット特典」でプラス!※ahamoご利用料金の支払いをdカードに設定する必要あり※ahamoの利用可能データ容量に毎月+1GB増量
  • Webでの新規ご入会&各種設定&要Webエントリー&ご利用で合計最大4,000ポイントプレゼント!※dポイント(期間・用途限定)での付与 ※申込翌々月末までのご入会対象
  • 1年間最大1万円分のケータイ補償を受けられる!※補償条件:偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となった場合
  • dカードの年会費は永年無料!
  • ▼以下公式サイトで詳しくチェック▼

dカードのサイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

弊社ではahamoや複数の他社オンライン専用プランや格安SIM回線を実際に契約した上で、利用者目線のレビュー記事や疑問点の解消につながるコンテンツを随時制作しています。

ahamo(ドコモ)回線のSIMカードをiPhoneに差し込んで画面上部に通信会社名を表示させた写真

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

Featured

注目の記事