auからLINEMO(ラインモ)に乗り換えで手数料や違約金はかかる?のサムネイル画像

auからLINEMO(ラインモ)に乗り換えで手数料や違約金はかかる?

#LINEMO(ラインモ)

auからLINEMO(ラインモ)に乗り換えで手数料や違約金はかかる?

月額990円でキャリア回線が使えるLINEMOは、料金の安さと通信品質の良さで他キャリアからの乗り換え需要が増えています。

乗り換え時に気になるのがやはり「手数料」「違約金」が発生するかですよね。

この記事ではauからLINEMO(ラインモ)に乗り換えで手数料や違約金はどのくらいかかるかを解説しています。

更新月がまだまだ先の人や端末代金の残りがあるので乗り換えを迷っている人は、乗り換えにベストなタイミングも合わせて紹介しているので是非参考にしてみてください。

LINEMO

auからLINEMO(ラインモ)に乗り換えで以下の手数料はかからない

auからLINEMOに乗り換える時は、以下の手数料はかかりません。

  • MNP転出手数料
  • LINEMO事務手数料
  • SIM発行手数料

auでは2021年4月1日より他の事業者に乗り換え(MNP転出)する手数料(3,300円)を廃止しました。

LINEMOに転入する際は、契約事務手数料もSIM発行手数料も0円なので、乗り換えに関する手数料は全て0円で移行できます。

契約事務手数料は3300円かかる通信事業者が多い中、0円で契約できるのは嬉しいですね。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auからLINEMO(ラインモ)に乗り換えは違約金がかかる?

MNP転出とLINEMO契約の手数料は0円ですが、au解約時には契約状況によっては違約金がかかる場合があります。

違約金(契約解除料)がかかる契約と金額

  • 2年契約N:1,100円
  • 2年契約:10,450円(2年契約Nに無料で変更可能)
  • 1年契約:3,300円

契約には「更新期間」が設けてあり、この期間以外に乗り換えるを上記の違約金が発生してしまうのです。

契約内容と更新期間はMy auで確認できるので、まずは自分の契約内容を確認しておきましょう。

LINEMOへの乗り換え前に、au内で10,450円の違約金がかかる「2年契約」から違約金が1,100円で済む「2年契約N」へとau内でプランを無料で変更する等の対処をすることで、違約金負担を軽減できるケースもあります。

2年契約から2年契約Nへのプラン変更は翌月に行われるので、必ず翌月以降にLINEMOへの乗り換えを行いましょう。

プラン変更はMy auで手続きを行うことが可能です。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auで購入した端末代金は引き続きauへ支払い

auで端末を分割購入しまだ支払いが残っている場合は、引き続きauへ支払いが続きます。

支払い方法は、一括で支払う方法と続けて分割で支払う方法を選ぶことができるので、都合の良い方を選択しましょう。

ただし、購入時に適用された端末代金の割引特典は適用外となるので、契約中よりも支払い金額が高くなります。

端末の支払い残額はMy auで確認できるので、事前に見ておきましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auからLINEMO(ラインモ)はいつ乗り換えたらいい?

解約の違約金が発生したり端末の支払いが残っている場合は、LINEMOへの乗り換えは待った方が良いのでしょうか?

状況別に分析してみましょう。

契約更新月以外の場合

違約金が発生するタイミングでLINEMOへの乗り換えを検討している場合、月々の料金がどのくらい安くなるのかを比較し、乗り換えるべきか考えましょう。

例としてピタットプラン1GB超~4GB3,278円からLINEMOのミニプラン3GB990円に乗り換えた場合で比較します。

auからLINEMOに乗り換えると、月額基本料金は3,278円―990円=2,288円の節約になるので、この金額と違約金を比較し何か月間でペイできるかが判断基準です。

更新月以外の違約金は、2年契約N1,100円、2年契約10,450円、1年契約で3,300円です。

2年契約Nの場合は、違約金1,100円を払っても2,288円の差額の方が上回るので、すぐに乗り換えたほうが節約になります。

1年契約の場合は、2か月で解約金分を取り戻せるので、更新月が2か月以内の人はすぐに乗り換えても良いでしょう。

2年契約の場合も、My auで2年契約Nに無料で変更可能なため、2年契約Nに変更が完了してからLINEMOに乗り換えることで違約金を1,100円と大幅に安くすることができます。

端末代金が残っている場合

端末代金が残っている場合は、端末購入割引の金額を考慮して乗り換えるべきかを判断しましょう。

auには機種ごとに設定された割引額を毎月の利用料金から最大24か月(機種によっては36か月)割り引く毎月割があります。

乗り換えにより解約してしまうと毎月割は無くなってしまうので、割引額(2000円~3,000円)と乗り換えによる基本料金の差額を比較し、基本料金の差額分の方が多ければすぐに乗り換えても損にはなりません。

データ定額20 20GB6,600円の場合は、LINEMOの20GB,2,728プランに乗り換えれば3,872円の節約になります。

毎月割の金額が3,872円以下であれば、乗り換えたほうが月々の料金を減らすことができるので、乗り換えタイミングの目安にすると良いでしょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMOのキャンペーンを利用して違約金分を取り戻す

更新月のタイミングや端末代金の残りを考えて、すぐに乗り換えは難しいという場合はLINEMOのキャンペーンを使ってカバーするという手もあります。

LINEMOは現在PayPayボーナスあげちゃうキャンペーンを実施中で、20GBプランなら10,000円相当のPayPayボーナスが付与されます。

PayPayはコンビニや飲食店、家電量販店などで現金同様に取り扱われる電子マネーなので、違約金分と相殺して考えると負担額はかなり減ります

キャンペーン終了期間は未定なので、是非活用しましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auからLINEMO(ラインモ)へ乗り換えた月は日割りになる?

auからLINEMOに乗り換えた場合の初月にかかる料金は以下の通りです。

auの最終月の料金

auを解約した場合の基本料金は、日割りにならず満額請求になります。

1日にLINEMOに乗り換えたとしても月末に乗り換えたとしても、1か月分の基本料金やオプション料金がかかってしまということです。

乗り換える時期に特にこだわりが無ければ、月初めよりも月末に行った方がむだな料金を負担せずに済みます。

LINEMO初月の料金

LINEMOへ転入した月の基本料金は日割り計算されるので、どのタイミングで契約してもむだな料金はかかりません。

キャンペーンの適用や、解約手数料のかからないタイミングで乗り換え手続きを行いましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auからLINEMO(ラインモ)へ乗り換える手順

解約金や申し込みに関する手数料を確認したら、手順にそってMNP手続きを進めましょう。

具体的な流れは以下の4ステップです。

  1. 対応端末の確認
  2. 解約手数料、端末残債の確認
  3. MNP転出番号の取得
  4. SIMロック解除手続き
  5. オンラインで申し込み

1.対応端末の確認

LINEMO公式サイト上にLINEMOの対応端末一覧が記載されているので、まずは使用したい端末がLINEMOに対応しているか確認しましょう。

ソフトバンクショップで販売している端末であればほとんどがLINEMOに対応しています。

Androidを使用する場合、ソフトバンク以外のキャリアで販売された端末は「場所によっては電波が拾いにくい」ことを認識しておきましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

2.解約手数料、端末残債の確認

乗り換え手続きをした場合どのくらいの金額がかかるかをMy auから確認し、できるだけ費用のかからないタイミングで手続きしましょう。

少々費用がかかっても、auからLINEMOの乗り換えは月額基本料金が半分以下になる可能性が高いので、申し込んだ方が節約になる場合は割り切った方がお得です。

3.MNP予約番号の取得

MNP予約番号はWebで24時間受け付けています。

電話やauショップでも受け付けていますが、待ち時間を考えるとWeb手続きの方が早く済むのでおすすめです。

※LINEMO申し込みにはMNP予約番号の有効期限が10日以上必要です。

4.SIMロック解除手続き

2021年10月1日以降に購入した端末は、SIMロックがかかっていないSIMフリー端末なので手続きは不要ですが、それ以前に購入した場合は手続きが必要です。

My auから申し込めば手数料は無料なのでMNP予約番号取得と同時に手続きすると良いでしょう。

5.オンラインで申し込み

LINEMOの申し込みはWebのみで受け付けています。

公式ホームページより「今すぐ申し込む」をクリックし、画面の案内に沿って手続きしてください。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

auからLINEMO(ラインモ)に乗り換え時期は基本料金差額分で判断

auからLINEMOへ乗り換える時にかかる手数料と違約金は以下の通りです。

  • LINEMO事務手数料:0円
  • SIM発行手数料:0円
  • MNP転入手数料:0円
  • au解約手数料(更新月):0円
  • 2年契約N:1,100円
  • 2年契約:10,450円
  • 1年契約:3,300円

違約金が発生する場合は、LINEMOに乗り換えることで安くなる基本料金分を考え、タイミングを決めると良いでしょう。

「端末代金の割引も無くなってしまうので、残りを払い終わるまで待とう」と考えている人は、キャンペーンを活用すると負担はかなり減ります。

またLINEMOへの乗り換え前に、au内で10,450円の違約金がかかる「2年契約」から違約金が1,100円で済む「2年契約N」へとau内でプランを無料で変更する等の対処をすることで、違約金負担を軽減できるケースもあります。

プラン変更はMy auで手続きを行うことが可能です。

2年契約から2年契約Nへのプラン変更は翌月に行われるので、必ず翌月以降にLINEMOへの乗り換えを行いましょう。

まずはMy auより契約状況や更新月、端末代金の残りを確認し、乗り換えにベストなタイミングを見つけて下さいね。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事