LINEMO
auからpovo(ポヴォ)へ乗り換えすると違約金&解約金&契約解除料はかかる?のサムネイル画像

auからpovo(ポヴォ)へ乗り換えすると違約金&解約金&契約解除料はかかる?

auからpovo(ポヴォ)に乗り換えしたい!

【2021年9月更新!】

KDDI株式会社は、2021年3月23日から「povo(ポヴォ)」の提供を開始しました。

povo(ポヴォ)は基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができるという、先行していたNTTドコモのahamoより安い、格安・柔軟なプランとなっています。

auを今まで使っていたけれど、povoに移行したい…けれど違約金や解約金、契約解除料はどうなるのか心配…

という方向けにauからpovo(ポヴォ)へ乗り換えする場合の違約金、解約金や契約解除料について解説します。

auからpovo(ポヴォ)への乗り換えは違約金&手数料が無料に!

auからpovoへの乗り換え時は、

  • 違約金(契約解除料)
  • 契約事務手数料
  • MNP・プラン変更手数料

などが一切かかりません。つまり、費用負担なしでauからpovoに移行できます。

auからpovoへの移行は、プラン変更感覚で変更することができますね。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

auからpovo(ポヴォ)へ乗り換えする場合の機種代金は?

auからpovoに乗り換えを行う場合、今まで分割で支払っていた機種代金は支払いが完了するまでの間、引き続き分割で支払うことになります。

もちろん希望者は機種代金の残債を一括で支払う事が可能です。

詳しくは以下のページに解説が掲載されています。

auスマートフォンの購入代金を分割でお支払い中の場合も、auからpovoに移行できます。分割支払いに関する契約のお支払い条件等に変更はありません。

<au公式サイト>auスマートフォン・携帯電話の「分割支払金残額」がある状態でも機種変更はできますか?

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

乗り換える際は持ち込むスマホ端末が対応機種かどうかを確認しよう

auからpovoに乗り換える際は、持ち込む予定のスマホ端末が、povoの対応機種に含まれているかどうかを、確認することが必要です。

対応機種以外のスマホ端末を持ち込んでも、povoのデータ通信や音声通話機能が使えない可能性があります。

povoの対応機種については、povo公式サイト上で最新の情報が詳しく解説されています。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事