ブルースカイ(Bluesky)でブロックする方法を解説。のサムネイル画像

ブルースカイ(Bluesky)でブロックする方法を解説。

#人気アプリ

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

ブルースカイ(Bluesky)でユーザーをブロックすることはできる?

Twitterの元CEO主導で立ち上げられた分散型SNS「ブルースカイ(Bluesky)」が招待制を廃止し、誰でもアカウントを登録可能になったことで注目が集まっています。

この記事では、以下のトピックについて解説します。

  • ブルースカイ(Bluesky)には特定のユーザーをブロックする機能がある
  • ブロックしたいユーザーのプロフィールにアクセス→右上の・・・をタップ→ユーザーをブロックからブロック可能
  • ブルースカイでブロックされたユーザーがログインしていなければあなたの投稿を閲覧することはできる

ブルースカイ(Bluesky)にはブロック機能がある

ブルースカイには特定のユーザーをブロックする機能が用意されています。

1.ブロックしたいユーザーのプロフィールページへ移動して、右上の・・・をタップ
2.アカウントをブロックをタップ

3.確認をタップ

特定のユーザーがブロックされ、投稿やプロフィール画像が非表示になりました。

ブルースカイでブロックを解除する方法

ブルースカイでブロックを解除したくなった場合は、設定→モデレーション→ブロック中のアカウントからブロック中リストを表示させることができます。

ブロックを解除したいアカウントのページへアクセスし、ブロックを解除ボタンをタップすると解除できます。

確認のためのポップアップが表示されるので、確認をタップします。

ブルースカイで相手をブロックしてもあなたの投稿は見られる

あなたが相手をブロックしても、相手ユーザーがログアウトした状態であなたのブルースカイのプロフィールページや投稿を閲覧することができます。

ブルースカイは、既存の有名SNSと異なり全ての投稿やコメントがインターネット上に常に公開されるSNSであることが特徴です。

そのため、顔を見せずに非公開アカウントで特定のユーザーに嫌がらせを行ったり、非公開アカウント機能を悪用するユーザーが集まりづらいSNSになる可能性があります。

あなたの投稿へ相手がコメントしたり反応することはできませんが、Web公開型のSNSであることを忘れないようにしましょう。

参考:<Welcome Bluesky>Bluesky と X はどう違うの?

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)