CapCut(キャップカット)でモザイクのやり方&入れ方を解説!のサムネイル画像

CapCut(キャップカット)でモザイクのやり方&入れ方を解説!

#CapCut

CapCut(キャップカット)でモザイクにするやり方は?

動画編集アプリCapCut(キャップカット)で、動画にモザイクをかけることが可能です。

この記事では、CapCut(キャップカット)で動画の一部をモザイクにするやり方を解説します。

CapCut(キャップカット)で動画の一部をモザイクにするやり方

CapCutで動画の一部にモザイクにするやり方を解説します。

クイック解説

1.「新しいプロジェクト」>モザイクをかけたい動画を追加し、「エフェクト」をタップします。
2.「動画エフェクト」をタップします。
3.「基礎」タブにある「モザイク」をタップし、右上のチェックマークをタップします。
4.左下の「<」を2回タップします。
5.「オーバーレイ」をタップします。
6.「はめ込み合成を追加」をタップします。
7.同じ動画を追加します。
8.上に追加された動画を、下の動画と同じサイズになるように二本指でピンチして拡大します。
9.「マスク」をタップします。
10.モザイクの形を選び、「反転」をタップします。
11.モザイクをスワイプして位置やサイズを調整します。

画像で詳しく解説

1.「新しいプロジェクト」>モザイクをかけたい動画を追加し、「エフェクト」をタップします。

2.「動画エフェクト」をタップします。

3.「基礎」タブにある「モザイク」をタップし、右上のチェックマークをタップします。

4.左下の「<」を2回タップします。

5.「オーバーレイ」をタップします。

6.「はめ込み合成を追加」をタップします。

7.同じ動画を追加します。

8.上に追加された動画を、下の動画と同じサイズになるように二本指でピンチして拡大します。

9.「マスク」をタップします。

10.モザイクの形を選び、「反転」をタップします。

11.モザイクをスワイプして位置やサイズを調整します。

これで、動画の一部にモザイクをかけることができました。

モザイクを追従するやり方

動いている人や物が写っている動画の場合、モザイクをかけたい部分が移動してしまいます。

そんなときは、CapCutのキーフレーム機能を使えばモザイクを追従させることができます。

モザイクを動かしたい場合は、モザイクを追加した後これからご紹介する手順を追加で実行してください。

クイック解説

1.編集画面の吹き出しのようになっている部分をタップします。
2.下段の動画をタップして選択し、ダイヤのマークをタップしてモザイクの開始位置を決めます。
3.再生バーをスワイプして、モザイクがずれてしまう位置でダイヤのマークをタップします。
4.「マスク」をタップします。
5.モザイクの位置やサイズを調整し、右下のチェックマークをタップします。

画像で詳しく解説

1.編集画面の吹き出しのようになっている部分をタップします。

2.下段の動画をタップして選択し、ダイヤのマークをタップしてモザイクの開始位置を決めます。

3.再生バーをスワイプして、モザイクがずれてしまう位置でダイヤのマークをタップします。

4.「マスク」をタップします。

5.モザイクの位置やサイズを調整し、右下のチェックマークをタップします。

さらにモザイクを動かしたい場合は、手順3〜5まで繰り返してください。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。