Capcut(キャップカット)で縦文字&縦書きにするやり方は?のサムネイル画像

Capcut(キャップカット)で縦文字&縦書きにするやり方は?

#CapCut

CapCut(キャップカット)で縦書きにする方法を知りたい!

【2022年4月更新!】

動画編集アプリ「CapCut(キャップカット)」では、動画を簡単に編集・加工できます。

加工の種類が非常に豊富な上、文字も日本語や英語などを簡単に入れることができ、動画編集がスムーズに進みます。

この記事では、CapCut(キャップカット)で日本語や英語を縦文字・縦書きにするやり方を解説します。

CapCut(キャップカット)で日本語を縦書き(縦文字)にするやり方

CapCutで日本語を縦書きにする方法は以下の通りです。

クイック解説

1.動画編集画面で下部の「テキスト」ボタンをタップします。
2.「テキストを追加」をタップします。
3.ー文字ずつ改行して文字を入れることで、縦書き文字が日本語で表現できます。

画像で詳しく解説

1.動画編集画面で下部の「テキスト」ボタンをタップします。

動画編集画面で下部の「テキスト」ボタンをタップします。の操作のスクリーンショット

2.「テキストを追加」をタップします。

「テキストを追加」をタップします。の操作のスクリーンショット

3.ー文字ずつ改行して文字を入れることで、縦書き文字が日本語で表現できます。

(例)


ー文字ずつ改行して文字を入れることで、縦書き文字が日本語で表現できます。の操作のスクリーンショット

その他に、「テキストテンプレート」を利用することで縦書きを入力することも出来ますが、種類は少ないです。

その他に、「テキストテンプレート」を利用することで縦書きを入力することも出来ますが、種類は少ないです。の表示のスクリーンショット

CapCut(キャップカット)で英語を縦書き(縦文字)にするやり方

CapCutで英語を縦書きにする方法は、以下の2通りがあります。

  • 1文字ずつ改行してアルファベットを入力し、縦書きを表現する
  • 文字入力後に文字全体を90度回転させることで、縦書きを表現する。

1文字ずつ改行してアルファベットを入力し、縦書きを表現する方法

1文字ずつ改行してアルファベットを入力することで、日本語と同じように縦書きを表現できます。

(例)
O
M
G

やり方は、

1.動画編集画面で下部の「テキスト」ボタンをタップします。
2.「テキストを追加」をタップします。
3.ー文字ずつ改行してアルファベットを入れることで、縦書き文字が英語で表現できます。

ー文字ずつ改行してアルファベットを入れることで、縦書き文字が英語で表現できます。の表示のスクリーンショット

文字入力後に文字全体を90度回転させることで、縦書きを表現する方法

アルファベットを入力後、テキストボックス全体を90度回転させることで、英語で縦書きを表現することもできます。

1.動画編集画面で下部の「テキスト」ボタンをタップします。
2.「テキストを追加」をタップします。
3.英語を入力し、2本指で回転するようにスワイプすることで、テキストボックスを回転できます。

英語を入力し、2本指で回転するようにスワイプすることで、テキストボックスを回転できます。の操作のスクリーンショット

以下のように、アルファベットの縦書きが表現できました。

以下のように、アルファベットの縦書きが表現できました。の表示のスクリーンショット

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。