Clubhouse(クラブハウス)で聴くだけ(聞くだけ)で使うことはできる?のサムネイル画像

Clubhouse(クラブハウス)で聴くだけ(聞くだけ)で使うことはできる?

Clubhouse(クラブハウス)を聴くだけのために使いたい

2021年に入ってから、日本でも芸能人やインフルエンサー、アーリアダプターを中心に急速に話題になっている音声系SNS「Clubhouse」

Clubhouseを使い始めたけれど、興味のあるRoomを見つけたので、Roomに入室してオーディエンスとしてラジオのように聞いてみたい…

けれど、SNSである以上積極的に話したり交流していかないといけないのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、Clubhouseで聴くだけ(聞くだけ)で使うことはできるのか?解説します。

Clubhouse(クラブハウス)は聴くだけ(聞くだけ)でも利用可能!

結論から言うと、ClubhouseはSNSですが、twitterやInstagramなど他の大手SNSと同様、見るだけ、聴くだけのために利用している方も多くいるようです。

ClubhouseのRoomにオーディエンスとして入室することで、ラジオのようにClubhouseのトークを聞くことができます。

Clubhouseでスピーカーになってほしいと依頼される可能性を減らすには?

しかし、Clubhouseにはオーディエンスに「スピーカーとして登壇してほしい」と発言を求められる機能があります。

その場合は断るか、あらかじめ入室するRoomを発言を求められる可能性が低い、オーディエンスが多いRoomにするのも安心です。

オーディエンスとスピーカーの比率は、Room一覧ページの各Roomの白いカードの下部に表示される、人の上半身のアイコンと吹き出しのアイコンの数字の比率でわかります。

吹き出しのアイコンの数字が少ないわりに、人の上半身のアイコンの数字が多いRoomは、オーディエンス比率が高いと言えます。

Clubhouse(クラブハウス)で聴くだけで使用するデメリット

Clubhouseを聴くだけ専用アプリとしてラジオのように使用するデメリットは以下の通りです。

人との新しいつながりや交流が広がらない

ClubhouseはRoomを介して人と人が相互に交流し、親密なつながりを作れる点が魅力のSNSです。

業界では名の知られた有名人や、芸能人のトークも時折楽しむことが可能です。

Clubhouseを聴くだけで利用するデメリットの一つとして、せっかくSNSを使っているのに、人との新しいつながりを作ったり、交流したりする活動ができない点があります。

まずは聴くだけで使ってみて、アプリの操作方法やいる人の雰囲気に慣れてきてから、スピーカーとしてトークに参加することも検討してみてはいかがでしょうか?

Clubhouseの招待枠が増えづらい

もう一つのデメリットとして、Clubhouseを聴くだけで利用している場合、スピーカーやモデレーターとして積極的に交流するユーザーと比較して、Clubhouseの招待枠が増えづらい点が挙げられます。

Clubhouse内で積極的に人と交流することで、招待枠は増やしやすくなります。

画像引用元&出典:Clubhouse

Follow

フォローして情報を受け取る