Clubhouse(クラブハウス)の名前の順番は?ファーストネーム&ラストネームは姓名はどっち?表示はどうなる?

Clubhouse(クラブハウス)で名前の順番はどっち?逆?

2021年に入ってから、日本でも芸能人やインフルエンサー、アーリアダプターを中心に急速に話題になっている音声系SNS「Clubhouse」。

Clubhouseの登録時に、名前の入力欄が2つあり、どっちが姓でどっちが名なのか?戸惑う方も多いかと思います。

当記事では、Clubhouseで名前の順番はどうすればいいのか?姓と名はどちらに入れるのか?解説します。

Clubhouse(クラブハウス)の名前の順番は?ファーストネーム&ラストネームは姓名どっちに表示?

Clubhouseでは2つの「First name(ファーストネーム)」「Last name(ラストネーム)」の入力欄があり、最初の欄と最後の欄は姓、名どっちを入れればいいのか?気になるかと思います。

Clubhouseでは逆の名前+苗字で登録するのがおすすめ!

英語圏では一般的には「First name(ファーストネーム)」は「名前=親につけてもらった名前」

「Last name(ラストネーム)」は「苗字(姓)」を表します。

参考:「First name」と「Last name」の意味と忘れない方法

そのため、最初の欄に名前(Taroなど)、最後の欄に姓(Yamadaなど)を入力する形が自然です。

Clubhouseのプロフィールには名前入力欄の「最初の欄+最後の欄」という形で表示されます。(Taro + Yamadaと入力した場合、Taro Yamadaと表示される)

※2020年より、政府方針としては英語表記でも苗字+名前の順番で表記することが方針として示されました。その場合はYAMADA Taroといったように苗字部分をすべて大文字にすることで苗字であることをわかり易く表現する方法のようです。まだ一般化はしていませんが、今後このような表記方法が増えていく可能性があります。

Clubhouse(クラブハウス)はローマ字で登録すると、国際的に交流しやすい

また、Clubhouseは日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)でも登録できますが、おすすめなのは英語圏や外国語圏の人でも読めるローマ字表記がおすすめです。

日本語で表記した場合、外国語圏の方からは読み方がわからなくなってしまって、誰なのか識別しづくなってしまいます。

海外の方とも積極的に交流していきたい方は、ローマ字表記にするのが良さそうですね。

もちろん、漢字やひらがな、カタカナの名前も海外の人にとっては個性的に見える効果もありそうです。

Clubhouseでは名前の変更は1回までなので注意

Clubhouseでは、2021年2月現在、名前やユーザーネームの変更は1回までに制限されています。

名前を間違えて入力してしまった場合は、一度だけ変更できますが、2回目の変更はできないようになっています。

2回目以降変更したい場合は、Clubhouseの運営に英語でメールで問い合わせするか、再度登録が必要ですが、別の電話番号や招待を貰う必要があり、ハードルが非常に高いです。

名前を変更したい方は、間違えて入力しないように慎重に行う必要がありそうです。

画像引用元&出典:Clubhouse

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る