Clubhouse(クラブハウス)でroom(ルーム)を削除して消す方法を解説!

Clubhouseでルームを削除する理由

今話題沸騰中の音声系SNSアプリClubhouse。

「ルームの作成方法は分かるものの、どうやって削除すれば良いか分からない。」

「削除方法が難しいと、ルームを作成するのも面倒。」と思う人もいるかもしれません。

当記事では、実際のルーム削除方法について細かく解説致します!

1. ただ単にお話を終了したい
2. ルームの題名変更のため です。

1番目の理由は単純なのでご理解頂けれるかと思いますが、Clubhouse内のルームの題名は、
トークを始めてしまうと変更する事が出来なくなります。

ですので変更が必要であれば一旦ルームを削除し、新たな題名でルームを作成しなくてはなりません。

しかしせっかくルームに参加してくれた人達に、もう一度新しい方に入ってもらう手間もあるので、話す話題が変わってもずっと元の題名のままで続ける人が多いです。

Clubhouseで実際のルーム削除方法を解説!

ルーム自体の削除が出来るのは、モデレーターのみになります。

方法は簡単で、右上の「・・・」を押し、赤文字の「End Room」をクリックで削除完了です。

ちなみにモデレーターとは、権限が一番高い人の事を指し(管理者とイメージして頂ければ)ルームを作成した人がまず最初のモデレーター。

一つのルームに必ず一人はモデレーターでないといけない決まりがあります。

モデレーター以外にスピーカーが誰もいなければ、「End Room」だけではなく「Leave quietly」(退室)のボタンからでも削除が可能です。

「Leave quietly」を押すと「Leaving will end the room. Wait a bit for folks to join?」

(退室をするとルームが削除します。他の参加者を待ちますか?)と表示がされますので 「End Room」で削除完了になります。

もしルームの中に他のスピーカーがいて、モデレーターの人がルームを削除ではなく退出をした場合には、スピーカー内で一番最初にルームに参加した人が自動的に新しいモデレーターになります。

また権限を他の人に与える事も可能なので複数人がモデレーターでも問題ないです。

ルームの削除自体は簡単なのですが、他の参加者がいる場合には、削除前にその旨を伝える事もマナーです。

急に削除をされると、聞き手の感覚としては電話をガチャ切りされた気分になるので、一言添えて様子をみてから終わった方が不愉快な気持ちにならないで終える事ができます。

今回の記事でルームの削除方法をご紹介させて頂いたので、
少しの間だけでもお話したい、などの興味本位でも良いので初めてみてはいかがでしょうか。

画像引用元&出典:Clubhouse

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る