コパイロット(Copilot)は無料で使えるのか解説。有料機能はある?のサムネイル画像

コパイロット(Copilot)は無料で使えるのか解説。有料機能はある?

#コパイロット

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

AI検索コパイロット(Copilot)の利用は無料?かかる料金は?

BingのAIチャット検索機能のサービス名が2023年11月にコパイロット(Microsoft Copilot)という名称にリブランドされました。

当記事では以下のトピックについて解説します。

  • 個人向けのコパイロットのWebブラウザ版やアプリ版はすべての機能が無料で利用できる
  • MicrosoftのOfficeやExcelと連動して利用できる企業向けのAIサービス「Microsoft 365 Copilot」は月額制の有料プランが用意されている
  • コパイロットの専用サービスサイトもBingから変更されてhttps://copilot.microsoft.comになった
  • コパイロットにMicrosoftアカウントでサインインして使うと利用できる機能が充実して制限が緩くなる

個人用途のコパイロット(Copilot)サービスは現時点では無料で使える

MicrosoftによるAIチャット検索サービスが2023年11月にコパイロット(Copilot)としてリブランドされました。

コパイロットのWebブラウザ版とアプリ版はすべての機能が無料で利用できるようになっています。

コパイロットのブラウザ版で質問とAI回答を表示させた画面

もちろん、コパイロットに無制限に質問と回答ができるわけではなく、1日あたりの往復数など一定の制限がかかっています。

コパイロットはブラウザやアプリから無料で簡単に使い始められる

2023年12月末にはiPhoneアプリ版のコパイロットもリリースされ、今後は日本国内でもさらに注目を集めると予想されています。

コパイロットのWeb版は以下URLにアクセスすることで利用できます。

ブラウザ版のコパイロットを利用するためには、現時点ではMicrosoftアカウントでのサインインが必要です。

iPhoneのApp Storeから無料でダウンロードが可能になっており、App StoreでMicrosoft Copilotと検索するか、以下からiPhoneにダウンロードすることができます。

Microsoft Copilot

Microsoft Copilot

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

こちらは現時点ではMicrosoftアカウントでのサインインが不要で使えます。

Copilotという名前のアプリはMicrosoft以外でも提供している会社がありますが、機能が異なる同じ名前のアプリのためご注意ください。

注目度が高いためコパイロットの偽アプリに注意が必要

2023年12月末にリリースされたばかりのMicrosoftによるコパイロットアプリは、今後大きく注目を集める可能性が高いです。

そのため、今後はMicrosoft Copilotに便乗した偽アプリや類似アプリが公開される可能性も十分にあります。

本物かどうかの見分け方はApp StoreでMicrosoft Copilotアプリの紹介ページを開いた際に、以下のスクリーンショットのようにアプリ名Microsoft Copilotの下の少し小さい文字がMicrosoft Corporationになっていることを確認しましょう。

アプリ名の下の小さい文字は開発者/開発元企業名を表しており、他社の同じ名前のアプリや便乗偽物アプリの場合は、Microsoft Corporation以外の別の名前が表示されます。

コパイロットアプリはサインインなしでも使える

Microsoftが提供するサービスはMicrosoftアカウントの登録とログインが必要な場合が多いですが、コパイロットのiPhoneアプリ版は現時点ではMicrosoftアカウントでのサインイン(ログイン)なしでも、AIチャットへの質問の送信と回答メッセージの受け取りが可能です。

コパイロットアプリが世界中で利用者の多いiPhoneアプリとして提供されたのは2023年12月末ごろのため、利用者が急増することによりAIのマシンリソースが逼迫され、一時的に混雑やエラーが発生する可能性があります。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)