ドコモのエコノミーMVNOでメールアドレスは?キャリアメールは使える?のサムネイル画像

ドコモのエコノミーMVNOでメールアドレスは?キャリアメールは使える?

ドコモのエコノミーMVNOでメールアドレスはどうなる?

2021年10月にNTTドコモの発表により「ドコモのエコノミーMVNO」という、MVNOとドコモが提携してつくる新しい仕組みが発表されました。

連絡手段の一つとしてドコモのキャリアメールを利用している方も多く、「ドコモのエコノミーMVNO」ではドコモで利用していたメールアドレス(キャリアメール)が使えるのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、ドコモのエコノミーMVNOでメールアドレスはどうなるのか?ドコモのキャリアメールは利用できるのか?解説します。

ドコモのエコノミーMVNOでドコモのキャリアメールは利用できない

結論から言うと、ドコモのエコノミーMVNOでドコモのメールアドレス(キャリアメール)は2021年10月のスタート時点では利用できません。

「ドコモのエコノミーMVNO」は、サービス名にドコモがついていますが、ドコモショップで契約や一部サポートを受けられ、dポイントが利用やdカードを支払いに設定することにより貯まる特典がついた、あくまで他社MVNO(仮想移動体通信事業者)のササービスとなるため、ドコモが発行するメールアドレスは利用できない形となります。

NTTドコモの発表資料にも、以下のような表記があります。

料金サービスの提供主体がMVNOとなるため、ドコモからの移行の場合はMNPを利用した解約の手続きとなります。
そのため、ドコモの回線継続利用期間の引継ぎやドコモメールなどのキャリアフリー化していないサービスの継続利用、ファミリー割引などのドコモの割引サービスの適用はできません。

引用元:dポイントを活用するエコノミーMVNOとの連携に合意

キャリアメール持ち運び制度で今後キャリアメールをMVNOで利用できる可能性が

総務省や政府が進めている携帯電話の競争促進のための取り組みの一つに、ドコモやau、ソフトバンク等で発行されている独自のメールアドレス「キャリアメール」をMVNOや他社に乗り換えた場合でも継続利用できるようにする改革が計画されているようです。

総務省の計画によると、ドコモやau、ソフトバンク等のキャリアメールを2021年中に、MNP等で他社に乗り換えた際も継続的に利用できるようにする「キャリアメール持ち運び制度」を実現したいという意向が示されています。

菅政権肝いりの「キャリアメール持ち運び」、どこまでニーズがあるのか?

当初のプランでは2022年頃を想定していたため、前倒しとなる形ですが、実際に持ち運びのためのシステム開発がどこまで進んでいるのか?は定かではありません。

また、キャリアメール持ち運び制度が実現する場合でも一定のキャリアメール利用手数料が利用者負担となる可能性が高いです。

ドコモのエコノミーMVNOでメールアドレスはどうする?

ドコモのエコノミーMVNOでは、ドコモやau、ソフトバンクのキャリアメールを継続利用することはできません。

TONEモバイルとOCNモバイルONEではそれぞれ専用メールアドレスがもらえる

しかし、ドコモのエコノミーMVNOの提携先の1つである「OCNモバイルONE」では、独自のOCNメールアドレスが1契約あたり1つ付与されるサービスとなっているので、キャリアメールとは仕様が異なる面もありますが、携帯電話会社提供のメールアドレスは利用できます。

「OCN モバイル ONE」ではメールを利用できるのか。

また、ドコモのエコノミーMVNOのもう一つの提携先である「TONEモバイル」でも、@tone.ne.jpで終わるTONE専用のメールアドレスが利用できます。

<TONEモバイル公式サイト>メールは利用できますか?

GmailやiCloudメール、Yahoo!メール等の大手フリーメール利用も便利

検索やAndroid、クロームブラウザ等で有名なGoogleが提供する「Gmail」やiPhone、Mac等で有名なAppleが提供する「iCloudメール」、国内大手が提供する「Yahoo!メール」といった無料で利用が可能なフリーメールを利用するのも有力な選択肢です。

フリーメールを利用するメリットとしては、携帯電話会社を今後変更したとしても、煩雑なメールアドレス変更の連絡やWebサービスの登録情報を一つ一つ変更していく作業が一切不要となる大きなメリットがあります。

IT大手各社が提供するフリーメールは、迷惑メールをシャットアウトするフィルターが標準で搭載されていたり、無料で利用できる点、システムの安定性が優れている点が魅力です。

ドコモの新プランahamoもキャリアメールは現時点では非対応

NTTドコモはドコモのエコノミーMVNO以外にもオンライン専用で低価格・大容量な新料金プランとして、ahamoを提供しています。

ahamo(アハモ)は、1回5分間までの通話料が何度でも無料になる機能付きで月間データ容量20GBを月額2,970円(税込)で利用できる、大手携帯電話会社としては格安の料金プランです。※機種代金別途※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoはドコモのエコノミーMVNOとは異なり、社内の別の料金プランという位置づけですが、ahamoでも2021年10月時点ではNTTドコモのメールアドレス(キャリアメール)は利用することができません。

時代の流れで、キャリアメールなどの独自メールアドレスは大手携帯電話会社側でも縮小していきたい方向性があるようです。

ahamoは月2,970円(税込)で20GBまで使えておトク!回線品質はドコモと同じ!

ahamoの公式サイト

※機種代金別途

ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!

ahamoは国内だけでなく、海外82の国・地域でのパケット通信も、20GBまで無料で利用することができます。

海外旅行や出張などがあっても、スムーズでお得に利用することができます。

※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

ahamoご契約前の注意点

  • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。ドコモショップ等で無償でのサポートは受けられません。
  • ahamoでは、キャリアメール(ドコモ提供のメールアドレス)など一部ご利用できないサービスがあります。
  • 全国のドコモショップにて、ahamoの有償での申し込みサポートを受付開始しました。※ ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート」※2(税込3,300円)、「ahamoWebお申込みサポート」※3(税込3,300円)をご利用ください。なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは本サポートの範囲外となります。端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」を別途お申込みください。
    ※2 お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
    ※3 お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

Follow

フォローして情報を受け取る