グーグルピクセルがドコモ(docomo)でなぜ発売されない?いつ?のサムネイル画像

グーグルピクセルがドコモ(docomo)でなぜ発売されない?いつ?

#ドコモ

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

グーグルピクセル(Google Pixel)が最近はドコモで発売がないのはなぜ?

Google製Androidスマートフォンのグーグルピクセルは、2022年にはPixel 6a、Pixel 7、Pixel 7 Proの3機種が発売され、さらにスマートウォッチのPixel Watchの発売もありました。

Google Pixel 6aと7の写真

当記事では、以下の事柄について解説します。

  • 近年はドコモでのグーグルピクセルの販売がなくauとソフトバンクがキャリアとして取り扱い
  • グーグルピクセルは人気上昇傾向にあるが全キャリア販売になるほどの売れ方にはなっていない
  • ドコモ独自の5G周波数への対応が販売の壁の一つに?
  • ドコモではPixelの前身のNexusシリーズやPixel 3各機種が発売されていた
  • 過去にはドコモが若者世代に人気のiPhoneの販売開始が最後のキャリアになってしまった例も

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

他社からドコモに乗り換えでiPhone 14が22000円割引!
ドコモオンラインショップを見る

グーグルピクセルは近年はauとソフトバンクがキャリアとして取り扱い

グーグルピクセル端末は近年ではキャリアとしてはauとソフトバンクの2社、その他にGoogleストア上で販売されています。

Google Pixel 7の端末の写真

2022年秋にはスマートウォッチのGoogle Pixel Watchも発売されましたが、取り扱いキャリアは同じくauとソフトバンクとなっています。

グーグルピクセルは近年では高性能と低価格さの両立度が高く人気を集めていますが、業界1位のドコモの他に大手キャリアとしては業界4位の楽天モバイルも取り扱いがありません。

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

グーグルピクセルがドコモで発売されないのはなぜなのか?

グーグルピクセルが近年ドコモで発売されない理由は、

  • グーグルピクセルはまだ全キャリアでの販売になるほどの売れ方にはなっていない
  • ドコモ独自の5G周波数への対応が販売の壁の一つになっている可能性

などが考えられますが、ドコモから明確な理由の発表は無い状況です。

Google Pixel 6aと7の写真

グーグルピクセルの国内シェアはまだ低め

グーグルピクセルの販売数量は、国内で圧倒的なシェアを誇るiPhoneや世界的な大手であるGalaxyなどと比べると少ない状況が続いています。

IDCの発表によると2022年第2四半期時点では国内メーカーのAQUOSやarrows、Xperiaといった各社以外の「Other」の枠に入る程度です。

<IDC)>2022年第2四半期国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表

2022年夏〜秋にかけてグーグルピクセルの3機種が相次いで発売されたため現在は人気が高まっている可能性が高いですが、Androidスマートフォンメーカーは他社も多くあることから、現時点ではドコモで取り扱う必要性を感じていない可能性があります。

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

他社からドコモに乗り換えでiPhone 14が22000円割引!
ドコモオンラインショップを見る

ドコモ独自の5G周波数への対応が販売の壁の一つになっている可能性

ドコモは全携帯キャリアの中では初期の頃から5Gエリアの拡大に積極的に投資をしている企業です。

ドコモの5Gの周波数帯にはn79という、国内の他社では使われていない独自の周波数帯(バンド)を保有しており、積極的にエリアを広げています。

グーグルピクセルは5Gのn79周波数帯に非対応の端末としてauやソフトバンク、Googleストアで販売されています。

ドコモではドコモの5Gの性能を発揮しづらい端末として考えていて、現時点では取り扱いを避けている可能性があります。

  • ドコモで今後、グーグルピクセルの最新端末を取り扱う場合は5Gのn79バンドへの追加対応が行われるかもしれません。

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

ドコモではPixel 3や前身のNexusシリーズが発売されていた

ドコモは一切グーグルピクセルやGoogle製スマホ端末の発売実績が無いわけではなく、過去にはGoogle Pixel 3や3 XL、3aを2018年〜2019年にかけてセット販売したことがあります。

また、グーグルピクセルの前身的な端末ブランドのNexusシリーズを取り扱った実績もあり、グーグルとの取引が一切無いわけではありません。

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

過去には若者世代に人気のiPhoneの販売が最後になってしまった例も

楽天モバイルのMNO事業参入前の大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)の中で、スマートフォン普及初期から若者世代で高い人気を誇っていたAppleのiPhoneは、

日本国内では2008年に初めてソフトバンクが独占販売し、その後2011年にauでも発売され、ドコモがiPhoneを取り扱い始めたのは2013年とソフトバンクの約5年遅れでの発売となってしまった例もあります。

現時点でグーグルピクセルの取り扱いの無い携帯キャリアはドコモと楽天モバイルだけとなっています。

Google Pixel 7aをオンラインでお得に販売
ワイモバイルでPixel 7aを
一括31,320円/月々870円〜で新発売
auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額47円(税込)〜で販売
他社/povo2.0から乗換かつ24ヶ月目に端末返却した場合。
ドコモで5G WELCOME割+いつでもカエドキプログラム
適用で実質負担額7,733円(税込)〜で販売
ソフトバンクでPixel 7aを発売!
各種割引条件適用の場合、実質負担額24円(税込)〜

他社からドコモに乗り換えでiPhone 14が22000円割引!
ドコモオンラインショップを見る

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

他社からドコモに乗り換えでiPhone 14が22000円割引!

ドコモオンラインショップを見る