donedone(ドネドネ)の初月料金は日割りになる?のサムネイル画像

donedone(ドネドネ)の初月料金は日割りになる?

#donedone

donedone(ドネドネ)は月間50GBのデータ容量!

新しいスマホ回線サービス「donedone(ドネドネ)」がBIGLOBEにより2021年にスタートしました。

donedoneは月間50GBのデータ通信容量があり、YouTubeも高画質で再生できる最大3Mbpsの通信速度のスマホ回線サービスです。

料金は月間2,728円(税込)となっており、携帯電話大手の20GBのオンライン専用プランと同水準の料金でありながら、データ通信容量が倍になっているのが特徴です。※通信速度は3Mbpsの中速に制御されています。

当記事ではdonedone(ドネドネ)で月の途中で契約した場合、初月料金は日割りになるのか?解説します。

donedone(ドネドネ)は初月の基本料金が日割りになる

結論から言うと、donedone(ドネドネ)は月の途中で契約した場合、初月の基本料金は日割りで請求されます。

基本料金は月50GB(※通信速度は3Mbpsの中速に制御)まで使えて2,728円(税込)に抑えられており、大容量でありながら低価格で月の途中で契約した場合は更に負担が軽減されます。

donedoneの公式サイトを見る

donedone(ドネドネ)は解約月の料金も日割りになる

donedoneでは解約月の料金も日割りに減額されて請求されるため、解約時やMNP転出時に余分に料金がかかってしまうといった心配をする必要がありません。

解約月が日割りになる点は他社にはあまり無い特徴と言え、donedoneはユーザー目線の親切なスマホ回線サービスと言えます。

donedoneの公式サイトを見る

donedoneへ乗り換える際に他社の解約時に手数料がかかる場合がある

ドコモやau、ソフトバンク、他格安SIMといった他社携帯電話会社からdonedoneに乗り換える場合、他社をMNP転出し解約する際にプランの内容によっては解約手数料がかかる場合があります。

他社からdonedoneに乗り換えを検討する際は、現在お使いの料金プランをMy docomoやmy au、My SoftBankといったオンラインで料金プランの内容を確認できるサービスを利用することで、解約時に手数料がかかるかどうかを事前に確認するのが良いでしょう。

donedoneの公式サイトを見る

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。