DoorDash(ドアダッシュ)の配達員は何歳から?年齢制限を解説!のサムネイル画像

DoorDash(ドアダッシュ)の配達員は何歳から?年齢制限を解説!

DoorDash(ドアダッシュ)の配達員にチャレンジしたいけれど年齢制限は?

DoorDashは近年人気を集めているフードデリバリーアプリの一つで、米国を中心にサービスを展開しており、2021年より日本全国でエリアを順次拡大しています。

そのため、DoorDashのデリバリーを担当する配達員(ダッシャー)を積極的に日本全国の各都市で募集しています。

DoorDashで働く人は「ダッシャー」と呼ばれ、一般的なアルバイトなどとは違い、完全出来高制(成果報酬制)かつ、自由な勤務時間で働けることが大きな特徴の一つです。

事前にシフトや予定を組んで働くのが苦手な人や、自由なライフスタイルを好んでいる方におすすめです。

現在高校生や大学生等でDoorDash(ドアダッシュ)の配達員をやってみたいけれど、何歳からDoorDashの配達員(ダッシャー)ができるのか?当記事で解説します。

DoorDash(ドアダッシュ)の配達員は18歳以上である必要がある

結論から言うと、DoorDash(ドアダッシュ)の配達員になるには、18歳以上であることが求められます。

そのため現在高校生であっても、18歳以上の方はDoorDashの配達員になることができます。

アルバイトや他のフードデリバリーアプリの配達員業務を掛け持ちで働くことも可能なため、柔軟に時間を活用することができます。

DoorDash配達ダッシャー募集サイト

フードデリバリー各社の配達員は何歳から?年齢制限は?

UberEats

UberEatsの年齢制限は、満18歳以上であることが条件になっており、高校生であっても18歳以上の場合配達員として働けます。

UberEats配達員パートナー募集サイトを見る

DiDi Food

DiDi Foodの年齢制限は、18歳以上であることが求められます。18歳以上の高校生であれば登録可能ですが、学生証は本人確認書類として使えず、マイナンバーカード等が必要です。

DiDi Food 【配達員急募!】

Menu

UberEatsの年齢制限は、満18歳以上であることが条件になっており、高校生であっても18歳以上の場合配達員として働けます。

Menu配達員クルー募集サイトを見る

出前館

出前館の年齢制限は配達員パートナー募集サイトに記載されており、満18歳以上であることが条件になっており、高校生であっても18歳以上の場合配達員として働けます。

出前館の配達員パートナー募集サイトを見る

foodpanda

foodpandaの年齢制限は配達員パートナー募集サイトに記載されており、満18歳以上であることが条件になっており、高校生であっても18歳以上の場合配達員として働けます。

foodpandaの配達員ライダー募集サイトを見る

ドアダッシュ

ドアダッシュの年齢制限は配達員ダッシャー募集サイトに記載されており、満18歳以上であることが条件になっており、高校生であっても18歳以上の場合配達員として働けます。

ドアダッシュの配達員パートナー募集サイトを見る

DoorDash(ドアダッシュ)の登録の流れは?

DorDashに登録し、配達員として働き始める大まかな流れは以下の通りです。

  1. 求人サイトやDoorDash公式サイト上で申し込む
  2. 必要書類のオンライン提出と、配達ダッシャー向けのオリエンテーションを予約する
  3. オンラインオリエンテーションを受講する
  4. 配達バッグ・グッズが届く
  5. ダッシャー(ドアダッシュの配達員)として活動開始!

DoorDash配達ダッシャー募集サイト

DoorDash(ドアダッシュ)の特徴と通常のアルバイトとの違いは?

DoorDashは通常のアルバイトとは大きく異なり、従業員ではなく事業主という扱いになり完全出来高制の業務委託契約として働くこととなります。

  • 完全出来高制なので成果に応じて報酬を受け取れる
  • 好きな時間に気ままに働ける&隙間時間も活用できる
  • 兼業禁止ではないので他のフードデリバリーアプリとの掛け持ちやアルバイトとの掛け持ちで副業としても稼げる

DoorDashは通常のアルバイトとは異なり、

  • 今日は稼ぎたいけれど明日以降はどうするかわからない…
  • 働くかどうかはその日の気分で自由に決めたい…

といった自由な生活をすることもできますね。

DoorDash配達ダッシャー募集サイト

年間収益額に応じて確定申告が必要になる

正社員やアルバイトといった労働者の区分ではなく、個人事業主として事業主の区分に入ります。

DoorDashや他のフードデリバリーアプリで得た収益の合計金額によっては、毎年必ず確定申告が必要になる点に注意が必要です。

個人事業主としての収益額が基準に達しているのにも関わらず、確定申告を怠ると、重いペナルティを課され大変なことになるので必ず確定申告を行いましょう。

DoorDash配達ダッシャー募集サイト

Follow

フォローして情報を受け取る