3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOスマホプランへ他社から乗換で最大14000円相当還元は10/3まで限定!※他社からMNPのみ。
  • LINEMOミニプラン登場!3GBで月額990円(税込)!
  • LINEMOのミニプランが最大半年実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

iPhone14やiPhone13はダイナミックアイランド(Dynamic Island)はできない?対応?のサムネイル画像

iPhone14やiPhone13はダイナミックアイランド(Dynamic Island)はできない?対応?

#iPhone機種

iPhone 14 Pro注目機能「ダイナミックアイランド(Dynamic Island)」

2022年9月に発売される最新iPhoneのうち高スペック路線のiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxには「ダイナミックアイランド(Dynamic Island)」と呼ばれる新機能が登場します。

iPhone 14 Proの画像

「ダイナミックアイランド(Dynamic Island)」はパンチホール(アイランド)部分が届いた通知や着信、自分の操作やバックグランドの状況に合わせて変幻自在に大きさやインターフェースが変化するユーザーインターフェースです。

ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の表示の例1

ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の表示の例4

画像引用元:Apple公式サイト

当記事では、2022年9月に発売されるスタンダードモデルのiPhone 14/iPhone 14 Plusや、iPhone 13など旧端末ではダイナミックアイランド(Dynamic Island)機能は使えるのか?解説します。

iPhone14やiPhone13シリーズはダイナミックアイランド(Dynamic Island)に非対応!

結論から言うと、より高機能で高性能なiPhone 14 Proシリーズのみ、ダイナミックアイランド(Dynamic Island)を採用した全画面ディスプレイとインタラクティブな操作性を導入し、iPhone 14シリーズ(iPhone 14や大画面版のiPhone 14 Plus)は従来通りノッチ型の画面(画面上部切れ込み&凹み)が採用されたため、ダイナミックアイランド(Dynamic Island)は非対応です。

また、画面上部にノッチのあるiPhone 13/iPhone 13 ProシリーズやホームボタンのあるiPhone SE(第3世代)など、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max以外のiPhoneにはダイナミックアイランド機能は搭載されません。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズでお得!

低価格なiPhone SE(第3世代)等購入はオンラインでスムーズでお得!

ダイナミックアイランドは今後の新iPhoneにも採用される可能性!

iPhone 14 Proシリーズは「ダイナミックアイランド」と呼ばれるパンチホールの穴がiPhone 14 Proユーザーの操作や通知内容に合わせて動き、大きさや表示内容が変動するという、ユニークで近未来的な機能が搭載されました。

実用性やユーザーの反応が上々であれば、パンチホール型ディスプレイを採用した今後の新iPhoneにも採用される可能性があります。

iPhone 14 Proシリーズではダイナミックアイランド機能を採用することにより、

  • 通知やアラートや電話着信をインタラクティブに表示
  • ダイナミックアイランドを長押しすると再生中の音楽をコントロールできるボタンが登場
  • マップで次に曲がる交差点をチェック
  • メッセージアプリでメッセージを送信
  • タイマーを確認

するなど、ながら作業をより効率的でわかりやすい形で操作できます。

ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の動作イメージは?

ダイナミックアイランド(Dynamic Island)の動作イメージが含まれたApple公式YouTubeチャンネルによるプロモーション動画が公開されています。

以下より、0:44頃に開始するダイナミックアイランドが動作する場面が閲覧できます。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズでお得!

低価格なiPhone SE(第3世代)等購入はオンラインでスムーズでお得!

2022年9月7日(アメリカ太平洋時間)にiPhone 14を発表!

Appleによる2022年9月7日(アメリカ太平洋時間)のイベントで、iPhone14/iPhone 14 Proシリーズが正式に発表されました。

iPhone 14/iPhone 14 Plusのスペックは?

iPhoneの最新スタンダードモデルであるiPhone 14シリーズとしては、iPhone 14と大型画面を採用したiPhone 14 Plusが発売されます。

  • カラー:ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルーの5色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GBから選択
  • サイズ:iPhone 14は幅71.5mm高さ146.7mm厚み7.8mm、iPhone 14 Plusは幅78.1mm高さ160.8mm厚み7.8mm
  • 重さ:iPhone 14は172g、iPhone 14 Plusは203g
  • ディスプレイ:iPhone 14は6.1インチで2,532px × 1,170px、iPhone 14 Plusは6.7インチで2,778px x 1,284px
  • チップ:A15 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載

iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのスペックは?

より高スペックなiPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxの主なスペックは以下の通りです。

  • カラー:スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープ・パープルの4色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GB、1TBから選択
  • サイズ:iPhone 14 Proは幅71.5mm高さ147.5mm厚み7.85mm、iPhone 14 Pro Maxは幅77.6mm高さ160.7mm厚み7.85mm
  • 重さ:iPhone 14 Proは206g、iPhone 14 Pro Maxは240g
  • ディスプレイ:iPhone 14 Proは6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A16 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載

iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro MaxのApple公式プロモーション動画

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズでお得!

低価格なiPhone SE(第3世代)等購入はオンラインでスムーズでお得!

iPhone14の関連情報

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

ahamoの確認事項・注意点:ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOスマホプランへ他社から乗換で最大14000円相当還元は10/3まで限定!※他社からMNPのみ。
  • LINEMOミニプラン登場!3GBで月額990円(税込)!
  • LINEMOのミニプランが最大半年実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイン事業やスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営等のIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。