Gmailのアーカイブとは?場所はどこにある?PC&スマホで解説!のサムネイル画像

Gmailのアーカイブとは?場所はどこにある?PC&スマホで解説!

#Gmail

Gmailのアーカイブとは?場所はどこ?

Gmailを利用していると、「アーカイブ」という言葉を目にすることがあるでしょう。

この記事では、Gmailでメールをアーカイブするとどうなるのか?どこに行くのか解説します。

Gmailのアーカイブは「保管」という意味

結論から言うと、Gmailのアーカイブは「保管」という意味で、メールをアーカイブすると「すべてのメール」というラベルへメールが移動します。

「アーカイブ(archive)」とは、「保存記録、記録保管所」という意味の英単語です。

Gmailではアーカイブは、メールを保管するという意味で使われています。

Gmailでメールをアーカイブすると、受信トレイから「すべてのメール」というラベルへメールが移動します。

一見受信トレイからメールが消えたように見えますが、「アーカイブ=削除」ではありません。

アーカイブしたメールは「すべてのメール」に移動しただけなので、本文を読む・返信する・再び受信フォルダに戻すことも可能です。

Gmailのアーカイブの場所【PCブラウザ版Gmail】

PCブラウザ版Gmailのアーカイブの場所を紹介します。

PCブラウザ版のGmailにアクセスし、左側の「もっと見る」をクリックします。

「すべてのメール」をクリックします。

すると「すべてのメール」ラベルが開き、アーカイブしたメールを含むすべてのメールを見ることができます。

Gmailのアーカイブの場所【スマホアプリ版Gmail】

PCブラウザ版Gmailのアーカイブの場所を紹介します。

Gmailアプリを開き、左上のメニューアイコン(三本線のマーク)をタップします。

左側からメニューが開いたら、「すべてのメール」をタップします。

すると「すべてのメール」ラベルが開き、アーカイブしたメールを含むすべてのメールを見ることができます。

アーカイブして受信フォルダを整理しよう

「受信トレイがごちゃごちゃしてきたけど、メールを削除するのは嫌だ」という場合に、重要度が低いメールをアーカイブしていきましょう。

受信トレイがスッキリして、Gmailを使いやすくなります。

アーカイブしたメールだけを検索することも可能

「アーカイブしたメールだけを検索したい」という場合は、以下の検索演算子を検索ボックスに入力して検索してください。

  • -in:spam -in:trash -is:sent -in:drafts -in:inbox

上記の検索演算子で、span(迷惑メール)、trash(ゴミ箱)、sent(送信済み)、drafts(下書き)、inbox(受信トレイ)以外に保管されているメールを絞り込むことができます。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

運営者情報 | お問い合わせ