Gmailで送信取り消しのやり方は?いつまで?30秒以上は?iPhoneでのやり方も解説!のサムネイル画像

Gmailで送信取り消しのやり方は?いつまで?30秒以上は?iPhoneでのやり方も解説!

#Gmail

Gmailで送信取り消しはいつまでできる?

Gmailでメールを送信した後に、送信を取り消して中止したいというときがあるでしょう。

この記事では、Gmailで送信したメールはいつまで取り消すことができるのか解説します。

送信取り消しするやり方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Gmailでメールは送信してから30秒後まで送信取り消しできる

結論から言うと、Gmailではメールを送信してから最大で30秒後までなら送信取り消しすることが可能です。

ただし、送信後取り消しできる時間は、Gmailの設定の「送信取り消し」で設定されている秒数によって変わります。

送信取り消しできる時間は設定から変更できる

Gmailの設定から、メール送信を取り消せる時間を「5秒・10秒・20秒・30秒」の中から選択できます。

秒数を変更したい場合は、Gmailにアクセスし、右上の設定ボタン>「すべての設定を表示」とクリックして進み、「送信取り消し」の秒数を変更してください。

秒数の横の下矢印をクリックすると、秒数を変更できます。

秒数を変更した後は、画面を下へスクロールして「変更を保存」をクリックしてください。

メールを送信してから30秒以上経過すると送信取り消しできない

メール送信を取り消せる時間は「5秒・10秒・20秒・30秒」の中から選択できますが、30秒以上の秒数を設定することは不可能です。

送信ボタンを押してから30秒経過してしまうと相手にメールが送られてしまうので、注意してください。

Gmailで送信取り消しするやり方【iPhoneアプリ版】

iPhoneアプリ版のGmailでメールの送信を取り消しするやり方を解説します。

メールを送信後、画面下に表示される「送信しました」のメッセージの右側の「元に戻す」をタップします。

すると、メールの送信がキャンセルされてメールの編集画面に戻ります。

Gmailで送信取り消しするやり方【PCブラウザ版】

PCブラウザ版のGmailでメールの送信を取り消しするやり方を解説します。

送信ボタンをクリックしてメールを送信すると、画面左下にメッセージが表示されます。

メール送信を取り消しするには、「元に戻す」をクリックします。

すると、「送信を取り消しました。」というメッセージが表示され、メールの送信がキャンセルされます。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

運営者情報 | お問い合わせ