GoogleMap(グーグルマップ)のARライブビューのiPhoneでの使い方を解説!のサムネイル画像

GoogleMap(グーグルマップ)のARライブビューのiPhoneでの使い方を解説!


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/shichi-henge/downtownreport.net/public_html/wp-content/themes/downtown201906/single-app.php on line 28

GoogleマップにARのライブビュー機能が追加!

GoogleマップにAR(拡張現実)を活用したライブビュー機能が追加され、iPhoneにも対応しています。

以下のように、iPhone越しに現実の風景にナビゲーションが重なる画期的な機能です。

地図が苦手な人でも、これなら迷いそうにないですね。

当記事では、GoogleマップのARライブビュー機能のiPhoneでの使い方を解説します。

GoogleマップのARライブビューのiPhoneでの使い方は?

1.Googleマップを起動し、目的地をタップして選択し、左下の青い「経路」ボタンをタップします。

iPhoneのグーグルマップのARライブビューの操作方法のスクリーンショット

2.右中央上の「歩く人のマーク」をタップします。

iPhoneのグーグルマップのARライブビューの操作方法のスクリーンショット

3.「ライブビュー」をタップします。

iPhoneのグーグルマップのARライブビューの操作方法のスクリーンショット

4.自動的にライブビューが始まります。

周辺の景色をカメラで写すことで、位置と方角が認識され、ナビゲートが開始されます。

以下のように、カメラで映された風景にナビゲーション項目が重なって表示されます。

実際の方角に合わせて動作するので、地図が苦手な人でも直感的に案内できます。

iPhoneのGoogleマップのARライブビューの動作画面のスクリーンショット

動画はこちら

iPhoneのGoogleマップのARライブビューの動作画面サンプル

以下のサンプルのように、空間上にARで「左折する」や「矢印」のアイテムが設置され、その案内に従っていけば目的地に徒歩で到達できる仕組みになっています。

画面下部にはマップも表示されるので便利です。

サンプル1

動画はこちら

サンプル2

動画はこちら

ARライブビューは歩きながらは使えない仕組み

iPhoneを持ちながら歩くと、以下のように注意画面が表示されるので、歩きながらは使えないように安全対策がなされています。

以下のように、「安全のため、ライブビューは立ち止まっているときのみ使用してください」と表示されます。

iPhoneのGoogleマップのARライブビューの歩きながらの操作の防止画面のスクリーンショット

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。