Google Meetでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止する方法はある?

GoogleMeetでスクショ(スクリーンショット)を禁止したい

在宅勤務の機会が増えたことで、GoogleMeetを利用してミーティングを行うという人も多いのではないでしょうか。

GoogleMeetで通話する上で、参加者が勝手にスクショをとっているのではないかと不安に感じることもあるかと思います。

この記事では、GoogleMeetでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできるのか?解説していきます。

GoogleMeetでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止する方法はある?

GoogleMeetの設定でスクショを禁止することはできない

GoogleMeetの通話画面をスクショする方法として、iPhoneのスクリーンショット機能や画面録画機能を利用してスクショ撮影することが考えられます。

GoogleMeetの設定などで、これらのスクショ行為を禁止することはできません。

また、通知が届くこともないため、スクショを撮られたことに気付くことも難しいでしょう。

GoogleMeetを利用する上での注意点

ご紹介したように、GoogleMeetのミーティング中にスクショすることを禁止することはできません。

知らない間にスクショを取られていて、後々トラブルが発生したということにならないよう、ビデオ機能を利用するときは対策をとるようにしましょう。

GoogleMeetでビデオ機能をオンにするのは信頼できる相手とミーティングを行う時に限定する、相手にスクショを撮影しないようにお願いしておく、などのルールを考えておくことをオススメします。

GoogleMeetで通話中にビデオをオフにする方法

GoogleMeetでの通話中にビデオをオフにする方法をご紹介します。

ビデオがオンになっている場合、自分のアイコンは表示されず、映像が映し出されています。

通話画面の下にあるビデオのマークをタップします。

ビデオのボタンが黒くなり、斜線が入りました。

また、先ほど映像が映っていた部分にアイコンが表示されています。

これで、ビデオ機能をオフに設定できました。

顔の写ったスクショを撮られたくない場合は、ビデオをオフに設定しておくとトラブルを防ぐことができるでしょう。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る