インスタの消えるメッセージモードができない&ならない場合の対処法は?【Instagram】

インスタの消えるメッセージモードとは?【Instagram】

インスタ(Instagram)のダイレクトメッセージには、「消えるメッセージモード」が存在します。

通常、ダイレクトメッセージで送信したメッセージは送信取り消しなどの操作を行わない限り、トークルームに残り続けます。

しかし、「消えるメッセージモード」を使って送信すると、相手がメッセージを閲覧した後に自動的に削除される仕組みとなっています。

また、テキストだけではなく、画像や動画、スタンプも削除されます。

あまり読み返して欲しくないメッセージや、トークルーム上に残しておきたくない画像などを送るときに使うと便利な機能です。

この記事では、インスタの消えるメッセージモードができない場合の対処法をご紹介します。

インスタの消えるメッセージモードができない&ならない場合の対処法は?【Instagram】

まず、消えるメッセージモードに切り替えられるかどうか確認しましょう。

ダイレクトメッセージ画面を開き、上方向へ指を離さずにスワイプします。

「リリースして消えるメッセージモードをオン」と表示されれば、消えるメッセージモードに切り替えることが可能です。

「リリースして消えるメッセージモードをオン」が表示されない場合は、これからご紹介する方法を実行してみてください。

メッセージ機能をアップデートする

1.プロフィール画面を開き、右上の3本線マークをタップします。

2.画面下部からメニューが表示されますので、「設定」をタップします。

3.「メッセージ機能をアップデート」をタップします。

4.再度、「メッセージ機能をアップデート」をタップします。

これで、消えるメッセージモードを使用できるようになりました。

アプリのバージョンが古い場合はアップデートを行う

上記の手順で「メッセージ機能をアップデート」が表示されない場合は、アプリのバージョンが古い可能性があります。

アプリのバージョンの確認方法をご紹介します。

1.プロフィール画面から3本線マークをタップし、設定>基本データの順にタップします。

2.「オープンソースライブラリ」をタップします。

3.画面上部に表示されているバージョンを確認します。

4.「App Store」を起動し、インスタグラムを開きます。

「アップデート」の下に表示されているバージョンを確認します。

インスタグラムのアプリとApp Storeに表示されているバージョンが違う場合は、アップデートを行ってください。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Instagram

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る