インスタの消えるメッセージモードはスクショしたら通知で相手にバレる?わかる?【Instagram】

インスタの消えるメッセージモードとは?【Instagram】

インスタ(Instagram)のダイレクトメッセージには、「消えるメッセージモード」が存在します。

通常、ダイレクトメッセージで送信したメッセージは送信取り消しなどの操作を行わない限り、トークルームに残り続けます。

しかし、「消えるメッセージモード」を使って送信すると、相手がメッセージを閲覧した後に自動的に削除される仕組みとなっています。

あまり読み返して欲しくないメッセージや、トークルーム上に残しておきたくない画像などを送るときに使うと便利な機能です。

そんな「消えるメッセージモード」で送られてきたメッセージをスクショするとどうなるのか、相手にバレるのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、インスタの消えるメッセージモードでスクショしたら通知で相手にバレるのかどうか、解説していきます。

インスタの消えるメッセージモードはスクショしたら通知で相手にバレる?わかる?【Instagram】

インスタの消えるメッセージモードでスクショしたら相手にバレる!

インスタの消えるメッセージモードで送られてきたメッセージをスクショすると、相手に通知が届きます。

実際に、消えるメッセージモードでメッセージを送信して確認していきます。

消えるメッセージモードでメッセージを送信する

1.ダイレクトメッセージの画面を開き、上へスワイプします。

2.「リリースして消えるメッセージモードをオン」と表示されたら指を離します。

3.消えるメッセージモードに切り替わりましたので、通常と同じようにメッセージを送信します。

消えるメッセージモードで送信されたメッセージを確認・スクショする

1.ダイレクトメッセージを開きます。

2.消えるメッセージモードの画面を開き、スクショします。

すると、トークルームに「スクリーンショットを撮影しました」と表示されました。

消えるメッセージモードで送ったメッセージをスクショされると通知が届く

メッセージを送信したアカウントを確認します。

まず、ダイレクトメッセージの一覧画面に「新規メッセージ1件」と表示されています。

タップしてトークルームを開きます。

「(アカウント名)さんがスクリーンショットを撮影しました」と表示されています。

検証のため2回スクリーンショットを撮影したため、2回分表示されています。

このように、消えるメッセージモードでスクショを撮影した場合、相手に通知が届きます。

消えるメッセージモードで送られてきたものは、長期間保存することを想定していない可能性が高いと思われます。

スクショしたことがバレると気まずいような内容のメッセージだった場合は、むやみにスクショしない方が良いでしょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Instagram

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る