インスタ(Instagram)でlflとは?意味は?返し方は?断り方も解説のサムネイル画像

インスタ(Instagram)でlflとは?意味は?返し方は?断り方も解説

#インスタ

インスタ(Instagram)でlflとは?

【2021年12月更新!】

インスタを始めとするSNSでは、独特の略語や用語を使ってコミュニケーションを取ります。

インスタの投稿内で「lfl」という単語をよく見かけると思いますが、どんな意味なのか紹介します。

略語を知ることで、よりインスタを楽しむことができますので必見ですよ!

インスタ(Instagram)でlflの意味は?

インスタの投稿でよく見かける「lfl」の意味を紹介します。

「Like for Like」の略です。

意味は、LikeするからLikeしてねということになります。

同じ意味の略語で「l4l」もあります。

*4=four≒for 英語で4がforと似ているから。

インスタ(Instagram)でlflを使う意味は?

インスタを始めたばかりで写真を投稿しても誰も反応してもらえない状況などに「lfl」のタグをつけて投稿します。

すると、インスタでつながりたいという目的を持った人同士でLikeをし合うことができます。

さらに「2pic」や「5post」を付けると「2個Likeするからあなたも私に2個Likeしてね」という意味になります。

インスタ(Instagram)でlflの返し方は?

インスタで実際に「lfl」とコメントされた場合の返し方を紹介します。

インスタ(Instagram)でlflを承認する場合

「Sure」や「OK」と返事し、Likeをつけてあげましょう。

その人の投稿が気に入れば、フォローもしてあげると今後もつながりができてLikeをしあえる仲になれます。

インスタ(Instagram)でlflを断る場合

特に返信しなくても大丈夫ですが、「No Thank you」などと返事するとより丁寧です。

おそらく、「lfl」は自分のLike数やフォロワー数を上げるためにいろんな人にコメントをしている場合が多いと思われます。

「lfl」とコメントされたとしても、乗り気でないならば特に気にする必要はありません。

インスタ(Instagram)でlflを使ってコミュニケーションしてみよう!

インスタでもっとLikeがほしい!フォローされたい!と思っているのであれば、「lfl」や「l4l」を使ってみましょう。

ただし、SNS内にはいろいろな目的を持った人がいるので、少しでも怪しいなと思った場合はスルーすることをおススメします。

また、企業の広告アカウントなどただフォロワーを増やしたいだけの場合もあるので見極めが必要です。

目的に合った方法でインスタを楽しみましょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Instagram

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。