インスタのビデオ通話(チャット)で間違いで送信取り消しや履歴を消す方法はある?のサムネイル画像

インスタのビデオ通話(チャット)で間違いで送信取り消しや履歴を消す方法はある?

#インスタ

インスタのビデオ通話(チャット)を間違いで発信した!履歴を消す方法は?

インスタのDMの画面では、ビデオカメラのボタンをタップするだけで発信できるようになっているので、誤タップで間違って発信してしまうこともあるでしょう。

ビデオ通話を発信すると、相手が応答する前に通話をキャンセルしても発信履歴がDMに残ってしまいます。

間違いで発信した場合は、相手に知られる前に履歴を消したいですよね。

この記事では、インスタのビデオ通話を間違えて相手に発信してしまった場合、送信取り消ししたり履歴を消したりすることはできるのか解説します。

インスタのビデオ通話(チャット)は送信取り消しできない

結論から言うと、インスタのビデオ通話は送信取り消ししたり履歴を消したりすることはできません。

実際にビデオ通話を発信して、履歴を消去できるのか検証していきます。

実際にビデオ通話を発信して検証

間違えてビデオ通話を発信してしまった場合、相手が応答する前に右上の「×」のボタンをタップすれば通話終了できます。

通話が終了すると、DMに「ビデオ通話を開始しました」と「ビデオ通話が終了しました」というメッセージが自動的に送信されています。

相手のDM画面でも同様のメッセージが確認できる状態なので、リアルタイムで着信に気が付かなかった場合でも後からわかるようになっています。

また、「ビデオ通話の不在着信」のメッセージをタップすると折り返し発信できるようになっているので、間違って発信した場合はできれば発信履歴を取り消しておきたいものです。

ビデオ通話の履歴を取り消すことはできない

ビデオ通話の履歴は、取り消すことはできません。

通常のメッセージは、長押しタップで送信を取り消すことが可能です。

しかし、ビデオ通話に関する履歴は、長押しタップしても取り消しなどのメニューが表示されず、消去できません。

ビデオ通話は送信取り消しできないので、うっかり間違ってビデオ通話のボタンをタップしないように注意してください。

ビデオ通話(チャット)を間違いで発信しないように注意しよう

ビデオ通話は、チャット画面右上のビデオカメラのマークをタップするか、DM一覧画面右上のビデオカメラのマークをタップして相手を選択することで発信できてしまいます。

特にチャットの画面では、ビデオカメラのマークをタップするとすぐに発信されるので、誤タップに注意してください。

インスタのビデオ通話(チャット)を間違いで発信してしまった場合は、間違って発信してしまったことをメッセージで送っておくのが良いでしょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Instagram

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。