iOS17へのiPhoneアップデートはお金がかかるのか解説のサムネイル画像

iOS17へのiPhoneアップデートはお金がかかるのか解説

#iPhoneの操作&設定

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

iOS17へのiPhoneのアップデートはお金がかかる?

2023年9月、iOS17のリリースが開始されました。

iOS17から、ロック画面に時計などを表示させるスタンバイ機能が追加されてます。

「iOS17を利用してみたいけど、アップデートはお金がかかるのか?無料でできるのか」と気になる人も多いでしょう。

この記事では、iOS17へのiPhoneのアップデートはお金がかかるのか解説します。

iOS17へのアップデートは無料

結論ですが、iOS17へのiPhoneのアップデートは無料で実施できます。

iOS17自体の利用に料金はかかりません。

iOS17へのアップデート時に別途通信料がかかる可能性はある

iOS17へのアップデートには基本的にはWi-Fi環境が必要ですが、モバイルデータ通信でアップデートできることもあります。

しかし、モバイルデータ通信でiOSのアップデートを行うと、データ容量の消費が激しく、別途料金がかかってしまう可能性があるので注意してください。

iCloudは5GBまでは無料で利用できる

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスで、写真やファイル、バックアップなどの情報を複数のデバイスで共有できるものです。

iCloudは、5GBまでは誰でも無料で利用できます。

有料版のiCloud+ではさらに大容量のストレージを利用可能で、具体的な料金プランは下記の通りです。

  • 50GB…月額130円
  • 200GB…月額400円
  • 2TB…月額1,300円

写真やファイルが増えて5GBでは足りない場合、iPhoneの設定アプリからも簡単にストレージ容量を増やすことができます。

iOS17へのアップデート前にiPhoneのバックアップを

iOS17にアップデートする際は、事前にiPhoneのバックアップを取ることをおすすめします。

iOSのアップデート中に充電が切れたり通信状況が悪くなったりすると、データが破損してしまう可能性があります。

大切なデータを失わないためにも、iOSアップデートの前に必ずバックアップを取るようにしましょう。

この記事の情報更新履歴:

2023年10月18日:最新osを17に更新

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)