iOS15へのiPhoneアップデートはお金がかかるのか解説!のサムネイル画像

iOS15へのiPhoneアップデートはお金がかかるのか解説!

#iPhoneの操作&設定

iOS15へのiPhoneのアップデートはお金がかかる?

2021年9月、iOS15のリリースが開始されました。

iOS15では、通知を制限できる「集中モード」や、ホーム画面のページの順番を変えたり削除できる機能が追加されてます。

ブラウザアプリである「Safari」の機能も大幅にアップデートされ、タブグループなどの機能を利用できるようになっています。

「iOS15を利用してみたいけど、アップデートはお金がかかるのか?無料でできるのか」と気になる人も多いでしょう。

この記事では、iOS15へのiPhoneのアップデートはお金がかかるのか解説します。

iOS15へのアップデートは無料!

結論ですが、iOS15へのiPhoneのアップデートは無料で実施できます。

iOS15自体の利用に料金はかかりません。

iOS15へのアップデート時に別途通信料がかかる可能性はある

iOS15へのアップデートには基本的にはWi-Fi環境が必要ですが、モバイルデータ通信でアップデートできることもあります。

しかし、モバイルデータ通信でiOSのアップデートを行うと、データ容量の消費が激しく、別途料金がかかってしまう可能性があるので注意してください。

iCloudは5GBまでは無料で利用できる

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスで、写真やファイル、バックアップなどの情報を複数のデバイスで共有できるものです。

iCloudは、5GBまでは誰でも無料で利用できます。

有料版のiCloud+ではさらに大容量のストレージを利用可能で、具体的な料金プランは下記の通りです。

  • 50GB…月額130円
  • 200GB…月額400円
  • 2TB…月額1,300円

写真やファイルが増えて5GBでは足りない場合、iPhoneの設定アプリからも簡単にストレージ容量を増やすことができます。

iOS15へのアップデート前にiPhoneのバックアップを!

iOS15にアップデートする際は、事前にiPhoneのバックアップを取ることをおすすめします。

iOSのアップデート中に充電が切れたり通信状況が悪くなったりすると、データが破損してしまう可能性があります。

大切なデータを失わないためにも、iOSアップデートの前に必ずバックアップを取るようにしましょう。

Follow

フォローして情報を受け取る