iOS15のSafariで検索バーを上にする&上に戻すやり方を解説!のサムネイル画像

iOS15のSafariで検索バーを上にする&上に戻すやり方を解説!

#iPhoneのSafari

iOS15のSafariで検索バーを上に戻したい!やり方は?

iOS15のSafariから、下の画像のように検索バーが画面の下側に移動しました。

iPhoneを片手で持っていても親指が届く場所に検索バーが表示されるようになったので、「使いやすくなった」と感じる人も多いでしょう。

しかし、「誤タップが増えた」「慣れない」といった理由で以前のように画面の上の方に検索バーを表示したいということもありますよね。

この記事では、iOS15のSafariで検索バーを上に戻すやり方を解説します。

iOS15のSafariで検索バーを上にするやり方を解説

iOSのSafariで検索バーを上に戻すには、iPhoneの設定アプリからSafariの設定を変更する方法と、Safariから切り替える方法があります。

順番に解説していきます。

設定アプリでSafariの検索バーを上に戻すやり方

クイック解説

1.設定アプリを開き、「Safari」をタップします。
2.「シングルタブ」の下の丸をタップしてチェックマークをつけます。

画像で詳しく解説

1.設定アプリを開き、「Safari」をタップします。

2.「シングルタブ」の下の丸をタップしてチェックマークをつけます。

これで、検索バーを画面の上に表示するように戻すことができました。

Safariで検索バーを上に戻す方法

クイック解説

1.検索バーの「ぁあ」をタップします。
2.「上のアドレスバーを表示」をタップします。

画像で詳しく解説

1.検索バーの「ぁあ」をタップします。

2.「上のアドレスバーを表示」をタップします。

これで、検索バーを画面の上に表示するように戻すことができました。

検索バーを上に戻した場合スワイプでタブ切り替えはできない

検索バーが下にある「タブバー」の状態だと、検索バーの部分をスワイプすることでタブを切り替えることができます。

しかし、画面上部に検索バーを表示する形の「シングルタブ」の状態に変更すると、スワイプでタブを切り替えることはできません。

タブを切り替える際は、画面右下の四角いマークをタップします。

すると、開いているタブの一覧が表示されます。

この状態で、閲覧したいタブをタップして移動します。

このように「シングルタブ」と「タブバー」は、検索バーの位置だけでなくタブの切り替え機能にも差があります。

タブの切り替えを素早く行いたい場合は「タブバー」を、検索バーの誤タップを減らしたいという人は「シングルタブ」を選択するのがおすすめです。

Follow

フォローして情報を受け取る