iPhone 15/15 ProのSIMカードサイズはnano-SIMとUSIMが使える。のサムネイル画像

iPhone 15/15 ProのSIMカードサイズはnano-SIMとUSIMが使える。

#iPhone機種

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

iPhone 15やアイフォン15 ProのSIMカードサイズは?

2023年9月、最新モデルのiPhone 15シリーズが発売されます。

iPhone 15 Pro Maxの裏面を真上から縦に撮影した写真

当記事では、そんなiPhone 15やアイフォン15 Pro等のSIMカードサイズに関して解説していきます。記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • iPhone 15とアイフォン15 Proシリーズはともにnano-SIMに対応
  • SIMカードを必要な大きさに切り取って使うU-SIMにも対応
  • nano-SIMがない場合はキャリアで再発行可能

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15やアイフォン15 ProシリーズのSIMカードサイズはnano-SIM

結論、iPhone 15やアイフォン15 Proシリーズではnano-SIMが対応サイズになります。

iPhone 15 Pro Maxの裏面を真上から斜めに撮影した写真

そのため、もし機種変更の際にSIMカードをそのまま差し替える場合は、nano-SIMのサイズかどうか確認しておくようにしましょう。

ちなみに、SIMカードには3種類のサイズがあるので、わからない方は参考にしてみてください。

  • nano-SIM:12.3mm×8.8mm
  • micro-SIM:15mm×12mm
  • 標準SIM:25mm×15mm

とはいえ、最近購入したスマートフォンであればほとんどがnano-SIMになっているため、変える必要のない場合がほとんどでしょう。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

nano-SIMサイズに切り離して使うU-SIMにも対応

iPhone 15やアイフォン15 Proシリーズは、SIMカードを一番小さいサイズに切り離して使うU-SIM(マルチSIM)にも対応しています。

iPhone 15 Pro Maxの裏面を斜め上から斜めに撮影した写真

もし、これからスマホ回線を申し込む場合、一緒に届くSIMカードが、対応サイズに切り離すタイプであれば、一番小さいサイズまで切り離しましょう。

ただし、1つ注意点として、例えばソフトバンクのU-SIMの場合、iPhone 15シリーズに対応しているSIMカードを使う必要があります。

例えば、最近のiPhoneでも、以下のように対応するSIMカードが変わります。

  • nano USIM カードA(S)「ZTWHR1」
    • iPhone 14シリーズ
    • iPhone 14 Proシリーズ
  • nano USIM A(C2)「ZTWCJ1」
    • iPhone SE(第3世代)
    • iPhone 13シリーズ
    • iPhone 13 Pro シリーズ
    • iPhone 12シリーズ
    • iPhone 12 Pro シリーズ等

端末とセットで回線を申し込む場合は気にする必要はないですが、もし、端末のU-SIMをそのまま使う場合は、対応しているかどうかを確認しておきましょう。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15やアイフォン 15 Proに機種変更する際nano-SIMがない場合は再発行をしよう

もし、機種変更など、SIMカードの発行を介さずにiPhone 15やアイフォン15 Proを利用する際は、SIMカードの再発行が必要な場合があります。

再発行が必要なケースとしては以下が挙げられます。

  • 乗り換え前のSIMカードサイズがnano-SIMでない
  • サイズは合っているが、iPhone 15シリーズに対応しているU-SIMではない

これらに当てはまる場合は、事業者の方でSIMカードの再発行を行いましょう。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

SIMカード再発行の手順は回線によって異なる

また、SIMカードの再発行手順は、利用している回線によって違うので注意しましょう。

一般的には、以下の3種類の方法が挙げられます。

  • ショップで再発行
  • 電話
  • オンラインでの手続き

具体的な方法に関しては、キャリアや格安SIMによって様々です。

一度「自身の利用回線+SIMカード再発行手順」で調べて確認することをおすすめします。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15シリーズの対応SIMはnano-SIM

iPhone 15やアイフォン15 ProシリーズのSIMカードサイズや、U-SIMに対応しているかについて解説しました。

iPhone 15やアイフォン15 Pro等のSIMカードサイズはnano-SIMです。

なお、回線の契約と一緒に端末を購入する場合は、専用のSIMカードが付いてくるので、そのまま挿入すれば問題ありません。

ただ、機種変更の場合は、利用中のSIMカードをそのまま使えない場合があり、その際はSIMカードの再発行が必要になる場合があるので注意しましょう。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15/iPhone 15 Proシリーズのスペック情報

iPhone 15/iPhone 15 Plus

iPhoneの最新スタンダードモデルであるiPhone 15シリーズとしては、iPhone 15と大型画面を採用したiPhone 15 Plusが発売されます。

  • カラー:ブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GBから選択
  • サイズ:iPhone 15は幅71.6mm高さ147.6mm厚み7.8mm、iPhone 15 Plusは幅77.8mm高さ160.9mm厚み7.8mm
  • 重さ:iPhone 15は171g、iPhone 15 Plusは201g
  • ディスプレイ:iPhone 15は6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 15 Plusは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A16 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載
  • カメラ性能:2カメラ搭載、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、4倍の光学ズームレンジ等の高機能なカメラ

iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Max

より高スペックなiPhone 15 ProやiPhone 15 Pro Maxの主なスペックは以下の通りです。

  • カラー:ブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウムの4色展開で、iPhone初のチタニウム外装を採用
  • 容量:128GB、256GB、512GB、1TBから選択(iPhone 15 Pro Maxには128GBモデルなし)
  • サイズ:iPhone 15 Proは幅70.6mm高さ146.6mm厚み8.25mm、iPhone 15 Pro Maxは幅76.7mm高さ159.9mm厚み8.25mm
  • 重さ:iPhone 15 Proは187g、iPhone 15 Pro Maxは221g
  • ディスプレイ:iPhone 15 Proは6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 15 Pro Maxは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A17 Proチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU / 新しい6コアGPU / 新しい16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載
  • カメラ性能:3カメラ搭載、iPhone 15 Proは3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ。iPhone 15 Pro Maxのみ5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、10倍の光学ズームレンジ等の高機能なカメラ

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhone 15は楽天モバイルが4キャリア最安【PR】

楽天モバイルでiPhone 15を見る