iOS14でアプリを完全削除するには?iPhoneの新しいアプリ削除方法を解説!

iPhoneのiOS14でアプリを削除する方法

2020年9月にアップデートされたiOS14でアプリの削除が2つの方法になりました。

2つの方法の違いやそれぞれの操作方法について紹介します。

途中までは操作が一緒ですので、共通部分を説明します。

まずは、消したいアプリをロングタップ(長押し)します。

一番上に表示される「Appを削除」をタップします。

「Appを削除」もしくは「Appライブラリへ移動」を選択できます。

iPhoneでアプリを削除する方法①Appを削除

「Appを削除」を選択すると、以下のような画面が表示されます。

「削除」をタップすると、アプリを完全に削除することができます。

iPhoneでアプリを削除する方法②Appライブラリへ移動

「Appライブラリへ移動」を選択すると、ホーム画面から選択したアプリは消えますがAppライブラリの中にデータが残っています。

iPhoneのiOS14で追加されたAppライブラリとは

2020年9月にアップデートされたiOS14で新たにAppライブラリという機能が追加されました。

Appライブラリでは、iPhoneの中に入っている全てのアプリを確認することができます。

Appライブラリを確認する方法はホーム画面を一番右にスワイプするだけです。

「最近追加した項目」「SNS」「ゲーム」などカテゴリ分けされた状態で表示されます。

上のAppライブラリ欄に入力すれば、検索も可能です。

Appライブラリへ移動したアプリを再びホーム画面に戻す方法

一度Appライブラリへ移動したアプリを再びホーム画面に表示する方法を紹介します。

Appライブラリでホーム画面に戻したいアプリをロングタップ(長押し)すると、以下のような画面になります。

「ホーム画面に追加」をタップすると、ホーム画面にアプリが表示されるようになります。

ただし、Appライブラリ内にあるアプリを開くだけであれば、アプリをタップすればホーム画面に戻さなくても開くことはできます。

iPhoneのアプリを削除する2つの方法の違い

「Appを削除」「Appライブラリへ移動」の違いから、どのようなタイミングで使い分ければよいか紹介します。

まず、iPhoneのストレージ不足でデータ容量を減らしたい場合は「Appを削除」しましょう。

「Appライブラリへ移動」では、データ容量は減りません。

次に、ホーム画面がごちゃごちゃして整理したい場合は「Appライブラリへ移動」をしましょう。

アプリのデータを消すことなく、ホーム画面をすっきりさせることができます。

目的に応じてアプリの削除方法を使い分けてみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る