Appライブラリへ移動とは?iPhoneのiOS14新機能を解説!

iPhoneのiOS14新機能!Appライブラリへ移動とは?

2020年9月17日にiOS14がリリースされ、多数の新機能が利用できるようになりました。

新機能の一つ、「Appライブラリ」についてご紹介します。

Appライブラリとは?

Appライブラリとは、iPhoneにインストールされたアプリの一覧のことです。

アプリを自動的にカテゴリごとに振り分けて整頓してくれます。

このAppライブラリは、ホーム画面の一番右側で確認することができます。

今まではホーム画面上からアプリを削除すると、アプリ自体がiPhoneから消去される仕組みでした。

しかしiOS14では、アプリを消去せずにホーム画面からAppライブラリに移動させることが可能です。

アプリをアンインストールしなくても、ホーム画面をすっきりさせることができます。

この記事では、アプリをAppライブラリへ移動させる方法について解説します。

アプリをAppライブラリへ移動させる方法

Appライブラリへ移動させたいアプリのアイコンを長押しタップします。

「Appを削除」をタップします。

アプリをAppライブラリに移動するか削除するかを確認されますので、「Appライブラリへ移動」をタップします。

これでホーム画面上からアプリのアイコンが削除され、Appライブラリに移動できました。

Appライブラリからアプリを起動する方法

Appライブラリはホーム画面の一番右側にあります。

Appライブラリが表示されました。

先ほど削除した「計算機」のアプリが存在していることがわかります。

アプリアイコンが大きく表示されている場合はこのままタップすればアプリが起動します。

「計算機」アプリのように4分の1のサイズでアイコンが表示されている場合は、一度一覧を表示する必要があります。

「計算機」のアプリアイコンのあたりをタップします。

「ユーティリティ」に分類されているアプリの一覧が表示されました。

この状態でアイコンをタップすると、アプリが起動します。

Appライブラリではアプリの検索も可能

Appライブラリの上部に表示されている検索フィールドをタップします。

検索したいアプリ名を入力すると、該当のアプリが表示されます。

アイコンをタップすると、アプリを起動できます。

アプリをAppライブラリへ移動してもiPhoneの容量は変わらない

アプリをAppライブラリへ移動させるとiPhoneの容量は変わるのか、前後の状態を確認していきます。

アプリを移動させる前のiPhoneストレージは以下の画像の通りです。

アプリをAppライブラリに移動させたあとのiPhoneストレージは以下の画像の通りです。

アプリをAppライブラリへ移動させてもiPhoneの容量に変化はないようです。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る