Appライブラリへ移動からの戻し方&戻す方法を解説!iPhoneのiOS14新機能

iPhoneのiOS14新機能!Appライブラリとは?

2020年9月にiOS14がリリースされ、多数の新機能が追加されました。

その中でも特に注目されているのが「Appライブラリ」です。

「Appライブラリ」は、iPhoneにインストールしたアプリを自動的にカテゴリ分けしてくれる機能です。

また、アプリをAppライブラリに移動させることで、ホーム画面にアイコンがなくてもアプリを利用することができるようになりました。

これまでホーム画面以外の場所にアプリを収納する機能がなかったため、アプリが多すぎてホーム画面がごちゃごちゃしていたという人も多かったのではないでしょうか。

Appライブラリに移動させれば、ホーム画面をすっきりさせることができます。

また、Appライブラリに移動したアプリは、再びホーム画面へ戻すことも可能です。

この記事では、Appライブラリへ移動したアプリをホーム画面に戻す方法について解説していきます。

Appライブラリへ移動からの戻し方&戻す方法を解説!

ホーム画面の一番右側のページまでスワイプして、Appライブラリを表示します。

Appライブラリに表示されているアプリアイコンが大きい場合

ホーム画面に戻したいアプリのアイコンを長押しタップします。

メニューが表示されますので、「ホーム画面に追加」をタップします。

ホーム画面にアプリのアイコンが追加されました。

Appライブラリに表示されているアプリアイコンが小さい場合

Appライブラリに表示されているアイコンが4分の1のサイズの場合は、一度一覧画面を表示する必要があります。

ホーム画面に追加したいアプリアイコンのあたりをタップします。

「ユーティリティ」に分類されたアプリの一覧が表示されました。

ホーム画面に追加したいアプリのアイコンを長押しタップします。

メニューが表示されますので、「ホーム画面に追加」をタップします。

ホーム画面にアイコンが追加されました。

Appライブラリにアプリアイコンが見当たらない場合

Appライブラリの画面上部に表示されている検索フィールドから、アプリを検索することが可能です。

検索フィールドに、ホーム画面に追加したいアプリの名前を入力します。

アプリアイコンとアプリ名が表示されますので、アプリアイコンを長押しタップします。

「ホーム画面に追加」をタップします。

これで、ホーム画面にアイコンが追加されました。

Appライブラリに移動させても、このようにホーム画面に戻すことが可能です。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る