Appライブラリはどこ?使い方&出し方は?iPhone・iOS14で解説!のサムネイル画像

Appライブラリはどこ?使い方&出し方は?iPhone・iOS14で解説!

iPhone・iOS14の新機能!Appライブラリとは?

2020年9月にiOS14がリリースされ、多数の新機能が追加されました。

その中の一つ「Appライブラリ」という機能は、アプリの管理に便利な機能です。

この記事では、Appライブラリはどこにあるのか?Appライブラリの使い方について解説していきます。

Appライブラリはどこ?使い方&出し方は?iPhone・iOS14で解説!

Appライブラリはホーム画面の右端にある

Appライブラリはホーム画面の右端に追加されています。

ホーム画面を表示し、一番右側までスワイプします。

Appライブラリが表示されました。

Appライブラリには、iPhoneにインストールされている全てのアプリが収納されています。

アプリはカテゴリーごとに自動的にフォルダ分けされており、フォルダを手動で変更することはできません。

検証に使用したiPhoneでは、以下のカテゴリーが表示されました。

  • 提案
  • 最近追加した項目
  • SNS
  • ユーティリティ
  • ゲーム
  • 仕事の効率化とファイナンス
  • クリエイティビティ
  • エンターテイメント
  • その他
  • ショッピングと食べ物
  • 情報と読書
  • 旅行
  • 健康とフィットネス

「提案」には、iPhoneがユーザの使用状況を分析し、利用しそうだと判断されたアプリが表示されています。

また、ホーム画面に表示されているアプリも全てAppライブラリに表示されています。

Appライブラリからアプリを起動する方法

Appライブラリからアプリを起動する方法を解説します。

アプリアイコンが大きい場合

アプリアイコンが大きいサイズで表示されている場合は、この状態のままアプリアイコンをタップして起動できます。

アプリアイコンが小さい場合

アプリアイコンが4分の1のサイズの場合、一度一覧を表示する必要があります。

赤枠のあたりをタップします。

フォルダ「ユーティリティ」に分類されているアプリの一覧が表示されました。

この状態でアプリアイコンをタップすると、アプリを起動できます。

アプリアイコンが見当たらない場合

Appライブラリの画面上部には、検索フィールドが存在します。

アプリアイコンが見当たらない場合などはここからアプリを検索することができます。

検索フィールドをタップします。

アルファベット順にアプリが表示されました。

下へスワイプしてアプリを探すか、検索フィールドにアプリ名を入力して検索することが可能です。

検索フィールドにアプリ名を入力すると、該当のアプリアイコンが表示されました。

この状態でアプリアイコンをタップすると、アプリを起動できます。

Appライブラリを活用してホーム画面をスッキリさせよう

Appライブラリがあれば、全てのアプリアイコンをホーム画面に置いておく必要はありません。

使用頻度の低いアプリアイコンはAppライブラリに移動させて、ホーム画面をスッキリさせましょう。

Follow

フォローして情報を受け取る