iPhoneのカメラでLive Photosにした場合の容量消費はどれくらい?

iPhoneのカメラでLive Photosを使うと容量を消費する?

iPhoneのカメラに搭載されている「Live Photos」という機能は、写真をほんの数秒の動画として撮影し、後から一番良い瞬間を切り出してキー写真に設定したり、エフェクト機能を使って短いループ動画を作成したりすることもできる便利な機能です。

しかし、通常の写真ファイルと比べて、Live Photosは動画を含む分、iPhoneのストレージ容量を消費してしまうのでは…

と思う方も多いと思います。

当記事では、iPhoneのカメラでLive Photosを使うと容量をどれだけ消費するのか解説します。

iPhoneのカメラでLive Photosの場合も容量消費はあまり変わらない

結論から言うと、iPhoneのカメラでLive Photosを使っても、容量はほとんど増加しません。

以下のファイルのうち、赤枠で囲ったファイルがLive Photos、そうでないファイルが通常の写真ですが、Live Photosでも、そうでない写真でもファイルサイズはあまり変わりません。

Live Photosの方が少しファイルサイズが大きくなることが多いようですが、2倍や3倍にファイルサイズが変わるわけではありません。

以下のようにファイルサイズを確かめるには、「写真アプリ」で写真そ選択して、左下の上矢印ボタンをタップして、「”ファイル”に保存」をタップした上で、「ファイル」アプリを開くとファイルサイズが表示されるようになります。

iPhoneのカメラでLive Photosを使用したファイルとそうでないファイルのファイルサイズを比較する画面のスクリーンショット

iPhoneのカメラの設定によって容量が変化

これはiPhoneの設定で高効率な画像フォーマットを使用している場合のもので、

お使いのiPhoneのカメラの設定が高効率な画像フォーマットを使用する設定になっているかどうかは、以下の操作で確かめられます。

1.iPhoneの設定アプリを開いて、「カメラ」の項目をタップします。¥

iPhoneで設定アプリを開いてカメラをタップする操作のスクリーンショット

2.「フォーマット」をタップします。

iPhoneの設定アプリで「フォーマット」をタップする操作のスクリーンショット

3.カメラ撮影で「高効率」にチェックが入っていれば、Live Photosでも普通の写真でもファイルサイズが節約されます。

iPhoneの設定アプリで「高効率」が選択されているか確認する操作のスクリーンショット

iPhoneのカメラで常にLive Photosを使用しない方法

iPhoneのカメラでできる限り使用容量を節約したい、Live Photosを極力使いたくない…

という方は、Live Photosをオフにして、その設定を保持する設定にすることで、カメラアプリを起動すると常にLive Photosがオフになるようになります。

以下のページで設定方法を解説しています。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る