iPhoneのカメラでLive Photosにするメリット&デメリットは?

iPhoneのカメラの「Live Photos」とは?

iPhoneの標準カメラアプリで、「Live Photos」を有効化した状態で撮影すると、撮影した写真が少しだけ動くことに気づく方がいると思います。

「Live Photos」は、一瞬の動きのある写真(動画)を撮影できる機能です。

撮影したタイミングのうちの、最も良い瞬間を選び出してベストショットとして保管できる機能もついています。

しかし、初期状態で写真が動画のように撮れてしまうことに疑問を持つ方も多いと思います。

当記事では「Live Photos」機能のメリットとデメリットを解説します。

iPhoneのカメラでLive Photosにするメリット

ベストショットを抜き出して保存できる

「Live Photos」は、撮影したタイミングのうちの、最も良い瞬間を選び出してベストショットとして保管できるので、動きのある被写体の一瞬のベストショットを取り出したい場合に重宝します。

シャッター音が小さいので、周りを気にせず撮影できる

「Live Photos」のシャッター音は通常の写真の「カシャッ」というシャッター音と異なり、「ポン」という電子音の小さなシャッター音となります。

そのため、周りを気にせずにシャッターをきることが可能です。

そのままでも動きのある超ショートムービーとして楽しめる

動きのある被写体を撮影した場合、ちょっとしたショートムービーを撮影する感覚で保存できます。

ループ、バウンス、長時間露光などのエフェクトを楽しめる

Live Photosで撮影した写真を、標準の写真アプリで写真を選択して上にスワイプすると、ループエフェクト、バウンスエフェクト、長時間露光エフェクトなどの特殊なエフェクトをかけることができます。

ループエフェクトはTikTokにアップされてそうな短いループ動画を気軽に作成することができます。

iPhoneのカメラでLive Photosにするデメリット

保存に容量が多く必要

iPhoneのストレージ容量を通常の写真に比べて多く消費します。(ただし2倍とかにはならず、若干ファイルサイズが大きくなる程度)

ストレージに余裕のないiPhoneをお持ちの方はDropboxやGoogleドライブ、iCloudなどの外部ストレージを利用する等の対策が必要です。

気づかず常にLive Photosにしていると、写真を撮っているつもりが動画がたまっていく

Live PhotosはPhotoが名前に入っていますが、実質的には短い動画です。

Live Photosがオン担っていることに気づかずに、iPhoneを使っていると、写真がなぜ少しだけ動く?と疑問に思ってしまうかもしれません。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る