iPhoneのカメラでLiveをオフにできない場合の対処法!【Live Photos】のサムネイル画像

iPhoneのカメラでLiveをオフにできない場合の対処法!【Live Photos】

iPhoneの標準カメラアプリで「Live Photos」をオフにできない

iPhoneを使い、標準のカメラで写真を撮影したときに、撮影した写真が少しだけ動くことに気づくかと思います。

この機能は「Live Photos」というもので、撮影したタイミングの中で最も良い瞬間を更に選び、保存できる機能となります。

「Live Photos」は、カメラアプリを開いて右上の目玉のようなマークをタップすることでオン、オフ切り替えが可能です

しかし、その設定が保存されずに、写真を取る度にLiveをオフにする作業を繰り返さなければいけない…

場合の対処法を当記事で解説します。

iPhoneのカメラでLiveをオフにできない場合の対処法

Live Photosがオフという設定が保存されずに、

  • カメラアプリをしばらく後に起動するとLive Photosの設定がオンになってしまう
  • iPhoneを再機動すると、Live Photosの設定がオンになってしまう

場合があります。

写真を撮る度にLive Photosをオフにするのは大変な手間なので、以下の設定で、Live Photosの設定を保存することが可能になります。

クイック解説

  1. iPhoneの設定アプリを開いて、検索バーに「カメラ」と打ち込みます。
  2. カメラアイコンのグレー色の「カメラ」の項目をタップします。
  3. 「設定を保持」をタップします。
  4. 「Live Photos」のトグルを緑色(オン)にすることで、Live Photosの設定が保持されます。

詳しく解説

1.iPhoneの設定アプリを開いて、検索バーに「カメラ」と打ち込みます。

設定アプリで検索フィールドに「カメラ」と打ち込む操作のスクリーンショット

2.カメラアイコンのグレー色の「カメラ」の項目をタップします。

設定アプリでカメラの設定項目をタップする操作のスクリーンショット

3.「設定を保持」をタップします。

設定アプリで「設定を保持」の項目をタップする操作のスクリーンショット

4.「Live Photos」のトグルを緑色(オン)にすることで、Live Photosの設定が保持されます。

Live Photsの設定が、オフの場合は常にオフになるようになります。

(再度Live Photosの設定をオンにしたら、再度設定を変更するまで常にオンになり続けます)

設定アプリで「Live Photos」のトグルを緑色(オン)にする操作のスクリーンショット

Follow

フォローして情報を受け取る