iPhoneのコントロールセンターをロック画面をオフにして出さない方法は?のサムネイル画像

iPhoneのコントロールセンターをロック画面をオフにして出さない方法は?

#iPhoneの操作&設定

iPhoneのコントロールセンターをロック画面でオフにしたい

iPhoneでは、ロックを解除せずにコントロールセンターを表示できます。

コントロールセンターに追加してあるアプリをロック解除なしで利用できるのは便利ですが、特に必要ない場合や、セキュリティ面で不安を感じる場合はオフにして出さないようにしたいですよね。

この記事では、iPhoneのコントロールセンターをロック画面で出さないようにする方法はあるか解説します。

iPhoneのコントロールセンターをロック画面で出さない方法はある!

結論から言うと、iPhoneのロック画面でコントロールセンターを表示しないように設定することは可能です。

オフに設定していない場合、iPhoneのロック画面(ロック状態)でも、画面右上から下へスワイプするとコントロールセンターが開いてしまいます。

画像の例だと、ロックを解除していない状況でも電卓などのアプリを使用できる状態です。

「ロックを解除せずに使いたい機能がコントロールセンターにある」という場合は便利ですが、特に不要な場合はオフにしてしまいましょう。

設定方法をご紹介します。

iPhoneのコントロールセンターでロック画面をオフにして出さないようにする方法

コントロールセンターをロック画面で出さないようにするには、設定アプリからコントロールセンターの「ロック中のアクセスを許可」をオフにします。

クイック解説

1.設定アプリを開き、「Face IDとパスコード」をタップします。
2.パスコードを入力します。
3.「ロック中にアクセスを許可」の欄にある「コントロールセンター」の右側のボタンをタップしてオフにします。

画像で詳しく解説

1.設定アプリを開き、「Face IDとパスコード」をタップします。

2.パスコードを入力します。

3.「ロック中にアクセスを許可」の欄にある「コントロールセンター」の右側のボタンをタップしてオフにします。

ボタンがグレーの状態になっていれば、オフにできています。

設定変更後、ロック画面で画面右上から下方向へスワイプしてみましたが、コントロールセンターが開かないことが確認できました。

iPhoneを紛失した場合のことを考えるとオフにしておくのがおすすめ

コントロールセンターに追加できるアプリは、カメラや計算機など、第三者が使用しても問題なさそうなものばかりです。

ウォレットも追加できますが、実際起動するときにはパスコードの入力が必要になります。

そのため、「ロック状態でコントロールセンターを表示できても問題なさそう」と感じるかもしれません。

しかし、万が一iPhoneを落としてしまった場合、拾った第三者がコントロールセンターを開いて機内モードをオンにしてしまうと、iPhoneを探す機能が使えなくなってしまいます。

iPhoneの位置情報がわからなくなってしまう可能性があるので、なるべくコントロールセンターのロック中のアクセスはオフにしておくのが良いでしょう。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。