iPhoneでOutlookをデフォルトのメールアプリにできない!iOS14の新機能!

iPhoneでデフォルトのメールアプリをメール以外に変更できるように

iPhoneでは長年の間、デフォルトのメールアプリを標準のメール以外に変更することができませんでした。

しかし、iOS14が2020年9月にリリースされ、デフォルトのメールアプリを標準のメール以外のMicrosoft製のOutlook(アウトルック)などに変更することが可能になりました。

当記事では、デフォルトのメールアプリを標準のメール以外のメールクライアント「Outlook(アウトルック)」に変更する方法、変更できない場合の理由を解説します。

初期状態ではデフォルトメールをOutlook(アウトルック)に変更はできない

iPhoneをiOS14にアップデートしても、初期状態ではデフォルトのメールアプリをOutlookに変更することはできません。

デフォルトのメールアプリをOutlookに変更するためには、準備としてOutlookをApp Storeから自らダウンロードする必要があります。

以下のリンクから、Outlookをダウンロードしてください。

Microsoft Outlook

Microsoft Outlook

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

iPhoneでデフォルト之メールアプリをOutlookに変更する方法

iPhoneでデフォルトのメールアプリをOutlookに変更する方法は、以下の通りです。

①設定アプリを開いて、画面下部にスクロールして、「Outlook」のアイコンを探します。

②「Outlook」のアイコンをタップします。

③「デフォルトのメールApp」をタップします。

④「Outlook」をタップします。

デフォルトのメールアプリが、「Outlook」に切り替わりました。

iPhoneでデフォルトのメールアプリをOutlookに変更できない場合の原因

Outlookアプリをダウンロード・インストールしていない

OutlookアプリをApp Storeからダウンロードしてない場合は、デフォルトのメールアプリをOutlookに変更することはできません。

以下リンクから、Outlookをダウンロードしてください。

Microsoft Outlook

Microsoft Outlook

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

最新版のOutlookアプリにアップデートされていない

Outlookアプリが最新版になっていない場合、デフォルトのメールアプリの変更機能が利用できない可能性があります。

Outlookアプリが最新版になっているかどうか確認しましょう。

Outlookが最新版かどうかは、Outlookアプリを長押しして、出てきたメニューに「アップデート」という文字がなければ最新版となります。

iOSを最新版のiOS14にアップデートしていない

iOS14へのアップデートが済んでいなければ、当然ながらデフォルトのメールアプリの変更機能は利用できません。

現在利用しているiPhoneのOSが最新版のiOS14か確認する方法は、以下の通りです。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 現在のOSのバージョンが表示されます。

iOS14.X以上となっていれば、デフォルトのメールアプリの変更機能に対応しています。iOS13以前の場合は、iOSのアップデートを行う必要があります。

手持ちのiPhoneがiOS14に対応していない

iOS14に対応しているiPhoneは、以下のiPhoneです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • Phone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

上記のiPhoneより古いiPhoneはiOS14に残念ながら対応していないため、デフォルトのメールアプリ変更機能が使用できません。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る