iPhoneでフリック入力を解除することはできる?いらない場合は?のサムネイル画像

iPhoneでフリック入力を解除することはできる?いらない場合は?

#iPhoneの操作&設定

iPhoneでフリック入力がいらない場合は解除できる?

【2022年10月更新!】

iPhoneの日本語入力をする方法として、「フリック入力」があります。

慣れてしまえば高速で文字入力できるので便利ですが、「ガラケーと同じトグル入力やローマ字入力を使うのでフリック入力はいらない」という人もいるでしょう。

この記事では、iPhoneでフリック入力の機能を解除することはできるか解説します。

iPhoneでフリック入力だけを解除することはできない

結論から言うと、フリック入力機能自体をオフにすることはできません。

しかし、フリック入力がいらない場合はトグル入力をオンにしたり、かな入力のキーボードを削除したりすることで文字入力がしやすくなります。

それぞれの手順を解説するので、iPhoneのフリック入力を使わない人はぜひ設定を見直してみてください。

iPhoneでフリック入力がいらない場合の対処法

iPhoneでフリック入力がいらない場合に、よりキーボードを使いやすくする対処法を解説します。

フリック入力だけでなくトグル入力も可能にする方法

iPhoneではフリック入力だけでなく、ガラケーの文字入力と同じ方法の「トグル入力」でも日本語入力できます。

トグル入力を可能にしたい場合は、iPhoneのキーボードの設定で「フリックのみ」を無効にしましょう。

クイック解説

1.「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。
2.「キーボード」をタップします。
3.「フリックのみ」の右側のボタンをタップして無効にします。

画像で詳しく解説

1.「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

iphone 1.「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。の画像

2.「キーボード」をタップします。

3.「フリックのみ」の右側のボタンをタップして無効にします。

これでトグル入力もできるようになりました。

iPhoneでフリック入力のキーボードを削除する方法

iPhoneで使える日本語のキーボードとしては、「かな入力」と「ローマ字入力」が用意されています。

フリック入力を使わない&ローマ字入力のキーボードを利用しているという人にとっては、キーボードを開いたり切り替えたりするたびに不要な「かな入力」のキーボードが出てくるのは不便ですよね。

そんな場合は、これからご紹介する方法で「かな入力」のキーボードを削除するのもおすすめです。

クイック解説

1.「設定」アプリを開き、「一般」>「キーボード」とタップして進みます。
2.「キーボード」をタップします。
3.「編集」をタップします。
4.「日本語−かな入力」の左側の赤い丸マークをタップします。
5.「削除」をタップします。
6.「完了」をタップします。

画像で詳しく解説

1.「設定」アプリを開き、「一般」>「キーボード」とタップして進みます。

2.「キーボード」をタップします。

3.「編集」をタップします。

  

4.「日本語−かな入力」の左側の赤い丸マークをタップします。

5.「削除」をタップします。

6.「完了」をタップします。

これで、キーボードから「かな入力」のキーボードが削除できました。

フリック入力が不要でローマ字入力がしたいという人は、このように「かな入力」のキーボードを削除しておくと快適に使用できます。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。