iPhoneの画面録画(収録)で声が入らない場合の対処法は?のサムネイル画像

iPhoneの画面録画(収録)で声が入らない場合の対処法は?

#iPhoneの操作&設定

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

iPhoneの画面録画(収録)では内部音声・外部音声のどちらも入れることができる

iPhoneの画面収録では、音声を入れて録画することが可能です。

iPhone内部の音声を入れるだけでなく、内部の音声と外部の音声の両方を入れて収録することもできます。

  • 内部の音声…iPhoneの動画アプリやゲームアプリなどから出る音
  • 外部の音声…スマホの外の音(自分の声など)

外部音声を入れる場合は、iPhoneを操作しながら自分の声で解説を入れたり、ゲームをしながら実況の音声を入れたりといった使い方が考えられます。

この記事では、iPhoneの画面録画(収録)で声が入らない場合の対処法についてご紹介します。

iPhoneの画面録画(収録)で声が入らない場合の対処法

iPhoneの画面収録で音声が入らないという場合は、以下の2パターンが考えられます。

  • 内部音声が入らない
  • 外部音声が入らない

それぞれの対処法について解説していきますので、参考にしてください。

内部音声が入らない場合

内部音声が入らない場合は、iPhoneがサイレントモードになっている可能性があります。

iPhone本体左側面の着信/サイレントスイッチをオンにしてから、画面収録を開始してください。

外部音声が入らない場合

外部音声が入らない場合は、画面収録のマイクがオフになっている可能性があります。

画面収録のマイクをオンにして、録画をスタートする方法をご紹介します。

1.コントロールセンターを開き、画面収録のボタンを長押しタップします

画面収録の詳細が表示されました。

マイクのボタンがグレーの場合、外部音声を入れることができません。

2.マイクのボタンをタップします

マイクのボタンが赤くなり、オンの状態になりました。

3.「収録を開始」をタップします

3秒間のカウントダウンのあと画面収録の上のマークが赤くなり、録画がスタートしました。

4.画面録画を終了する場合、画面の左上に表示されている時計をタップします

5.確認メッセージが表示されますので「停止」をタップします

画面の上部に、画面収録保存のメッセージが表示されました。

これで外部音声を入れた画面収録が完了しました。

関連リンク

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)