iOS15でホーム画面が変わらない&できない場合の対処法!【iPhoneの新機能】のサムネイル画像

iOS15でホーム画面が変わらない&できない場合の対処法!【iPhoneの新機能】

#iPhoneのウィジェット機能

iOS15にしたけれど、ホーム画面が全く変わらない

【2022年4月更新!】

2020年9月にリリースされたiPhoneのOS「iOS14」の新機能の中でも注目は、ホーム画面上にアプリアイコン以外の様々な情報を追加できる「ウィジェット」機能です。

2021年9月にリリースされた最新OSの「iOS15」でも、ウィジェット機能は引き続き利用可能で、天気予報をリアルタイムで表示させたり、リマインダーやカレンダーなどを大きくホーム画面に表示させることができます。

当記事では、iOS13以前のOSからiOS15にしたのに、ホーム画面が全く変わらずに、新機能のウィジェットが使えない…

といった現象への対処法を解説します。

iPhoneをiOS15にしただけでは、ホーム画面は変わらない

実は、iPhoneを最新版OS「iOS15」にアップデートしただけでは、ホーム画面は見た目上ほとんど変化しません。

ホーム画面をカスタマイズするには、ホーム画面へのウィジェットの追加を行う必要があります。

ホーム画面へウィジェットを追加する方法は、

  1. ホーム画面上のアプリのない領域を長押し
  2. アプリが震えだしたら、左上の「+」ボタンをタップします。
  3. ウィジェットの選択画面が表示されるので、追加したいウィジェットを追加します。

以下の記事で詳しく解説しているので、良かったら見ていってくださいね。

すべてのアプリがウィジェットに対応しているわけではない

すべてのアプリがウィジェット機能に対応しているわけではありません。

ウィジェット機能に対応するには、アプリ開発者側の対応が必要になります。

ホーム画面のウィジェット機能に対応したアプリ一覧は、標準、サードパーティ共に以下の記事にまとめてあります。

ホーム画面のアイコンは何もしなければ変わらない

iOS14がリリースされてから、ホーム画面のアイコンをカスタマイズしている人を多く見かけると思います。

アイコンのカスタマイズは、実はiOS14以前から存在していた標準アプリ「ショートカット」による方法なんです。

以下の記事でアイコンのカスタマイズ方法を解説しているので、ぜひご覧ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。