iPhoneで片手用キーボードを固定する方法はある?

iPhoneの片手用キーボードとは?

iPhone本体のサイズが大きすぎるため、片手で文字を打つことが難しいという人もいるでしょう。

無理に片手で文字を入力しようとすると、iPhoneを落としてしまうという危険性もあります。

片手で文字入力を行いたい場合は、片手用キーボードを使うと便利です。

画面の左右どちらかにキーボードを寄せて表示できる

片手用キーボードは、画面の左右どちらかにキーボードを寄せて表示できる機能です。

通常のキーボード

通常のキーボードは画面いっぱいに表示されるキーボードです。

左寄りのキーボード

左寄りのキーボードは、画像のように左側に寄って表示されます。

左手でiPhoneを持ち左手の親指で文字入力をする時は、この左寄りのキーボードを使うとスムーズに入力できます。

また、日本語のキーボードだけでなく、英語や顔文字のキーボードも同じように左寄りに表示されます。

右寄りのキーボード

右寄りのキーボードは、画像のように右側に寄って表示されます。

右手でiPhoneを持ち右の親指で文字入力をする時は、この右寄りのキーボードを使うとスムーズに入力できます。

片手用キーボードと通常のキーボードは簡単に切り替えることができる

片手用キーボードと通常のキーボードは簡単に切り替えることが可能です。

通常のキーボードから片手用キーボードに切り替える方法

1.キーボードの左下に表示されている地球儀のマークを長押しタップします。

2.キーボードを左寄りに設定したい場合は、左側のキーボードのマークをタップします。

キーボードが左寄りになりました。

片手用キーボードから通常のキーボードに切り替える方法

片手用キーボードをオフにして通常のキーボードに戻す場合は、端に表示されている白い「>」ボタンをタップします。

通常のキーボードに切り替わりました。

このように、通常のキーボードと片手用キーボードは簡単に切り替えることができます。

しかし、あまりにも簡単な操作で切り替えられてしまうため、誤って通常のキーボードに戻してしまったということも多いです。

iPhoneで片手用キーボードを固定する方法はある?

結論、iPhoneで片手用キーボードを固定する方法はありません。

片側にある白い「>」または「<」をタップするとすぐに通常のキーボードに戻ってしまいます。

通常のキーボードに戻ってしまった場合は、ご紹介した方法で片手用キーボードに変更してください。

関連リンク

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る