iPhoneは片手用キーボードが無い?できない?

iPhoneの片手用キーボードとは?

iPhone本体のサイズが大きすぎるため、片手で文字を打つことが難しいという人もいるでしょう。

無理に片手で文字を入力しようとすると、iPhoneを落としてしまうという危険性もあります。

片手で文字入力を行いたい場合は、片手用キーボードを使うと便利です。

片手用キーボードは、画面の片側どちらかにキーボードを寄せて表示できる機能です。

この記事では、iPhoneは片手用キーボードはあるのかどうか、片手用キーボードを使用する方法などを解説します。

iPhoneは片手用キーボードが無い?できない?

結論、iPhoneには片手用キーボードが備わっており、使うことができます。

左寄りにも右寄りにも設定できるため、どちらの手で文字を打つ場合でも対応できるようになっています。

次の章では、iPhoneの片手用キーボードの使い方をご紹介します。

iPhoneの片手用キーボードの使い方を解説

キーボード使用中に片手用キーボードをオンにする方法

キーボードを使用中に、片手用キーボードに切り替える方法をご紹介します。

1.キーボードの左下に表示されている地球儀のマークを長押しタップします。

2.キーボードを左寄りに設定したい場合は、左側のキーボードのマークをタップします。

キーボードが左寄りになりました。

右寄りのキーボードに設定したい場合は、右側のキーボードのマークをタップします。

キーボードが右寄りになりました。

キーボード使用中に片手用キーボードをオフにする方法

片手用キーボードをオフにして通常のキーボードに戻す場合は、端に表示されている白い「>」ボタンをタップします。

設定アプリから片手用キーボードをオン・オフにする方法

片手用キーボードの設定は、設定アプリからもオン・オフを変更することができます。

1.設定アプリを起動し、「一般」をタップします。

2.「キーボード」をタップします。

3.「片手用キーボード」をタップします。

片手用キーボードの設定画面が表示されました。

画像では「オフ」にチェックがついているため、キーボードは通常の位置(真ん中)に表示される状態です。

左寄りにしたい場合は「左側」、右寄りにしたい場合は「右側」をタップしてチェックをつけてください。

関連リンク

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る