iOS16のiPhoneロック画面のカスタマイズや編集ができない原因は?アップデートしたのになぜ?のサムネイル画像

iOS16のiPhoneロック画面のカスタマイズや編集ができない原因は?アップデートしたのになぜ?

#iPhoneのロック画面カスタマイズ

iOS16のiPhoneでロック画面カスタマイズができない!

2022年に登場したiOS16をインストールしたiPhoneは、ロック画面に表示される情報の配置や内容、表示される文字の色やフォント等のデザインを自由にカスタマイズできる点が特長です。

しかし、iPhoneでロック画面をカスタマイズできない、iOS16にアップデートを完了させたのに編集することができない…という声が増えています。

当記事では、iOS16のiPhoneでロック画面のカスタマイズができない原因について解説します。

iOS16のiPhoneでロック画面がカスタマイズできない理由は?

iPhoneのロック画面がカスタマイズできない原因としては、以下のような理由が考えられます。

  • iOS16にアップグレード前に作成したロック画面をカスタマイズすることはできない
  • iOS16にアップデグレードが完了していない
  • お持ちのiPhoneがiOS16の対応端末に含まれていない。
  • ロック画面に設定したいアプリがアップデートされていないためウィジェットを配置できない
  • ロック画面に設定したいアプリがロック画面へのウィジェット設置機能に対応していない
  • その他一時的な不具合の可能性

iOS16にアップグレード前に作成したロック画面をカスタマイズすることはできない

iOS16で登場したロック画面のウィジェット機能ですが、特長の一つとしてiOS16にアップグレードする前に設定したロック画面の壁紙をカスタマイズすることはできない点があります。

iOS16で登場したロック画面のカスタマイズ機能を使うには、新しくロック画面を作成し、壁紙を設定し時計のフォントやウィジェットを配置し、文字色や写真のフィルターなどをカスタマイズすることが可能です。

新しくロック画面を作成する方法は、

  1. ロック画面を長押しする
  2. 「+」または「新規追加」等のボタンをタップ
  3. 新しいロック画面の作成とカスタマイズを行って設定。

という流れで進めます。

ロック画面のカスタマイズ手順については、以下の記事で解説しています。

今使っているロック画面のデザインを気に入っている場合は、そのままにしておくのも手です。

  • 今ロック画面に設定しているロック画面の壁紙の元画像の場所がわからない場合、新しくロック画面を設定する時に同じ壁紙を設定することはできない点に注意が必要です。

iOS16にアップグレードが完了していない

iOSがiOS16以上になっていない場合、ロック画面をカスタマイズする機能は利用できず、ロック画面を長押ししても設定メニューが表示されません。

今使っているiPhoneのOSが最新版のiOS16以上かどうかを確認する方法は、以下となります。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 現在のOSのバージョンが表示されます。iOS16から始まるバージョンが表示されている場合は、iOS16以上にアップグレード済みです。iOS15などのバージョンが表示されている場合はまだiOS16以上にアップグレードされていません。

お持ちのiPhoneがiOS16以上へアップグレードできる場合は、画面下部にアップグレードの案内があります。

お持ちのiPhoneがiOS16の対応端末に含まれていない。

iOS16以上にアップグレードしないと、ロック画面のカスタマイズ機能は利用することはできません。

お使いのiPhoneがかなり古い端末である場合、iOS16以上へのアップグレードに対応していない可能性があります。

その場合もiOS15系など従来版のOSのアップデートが提供されるので、しばらくの間は安全に利用しつづけることができますが、ロック画面カスタマイズ機能など新しい機能は利用できません。

iOS16以上へのアップグレードに対応しているiPhoneの一覧は以下となります。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE (第 2 世代)
  • iPhone SE (第 3 世代)

ロック画面に設定したいアプリがアップデートされていないためウィジェットを配置できない

ロックにウィジェットなどを設定したいアプリがあり、そのアプリを使ってロック画面用のウィジェットを設定できない場合や、ウィジェットを設置できない場合、

アプリが最新版にアップデートされていないことが原因でロック画面内にウィジェットを設定できない場合があります。

今お使いのアプリが最新バージョンかどうかは、以下の方法で調べることができます。

アプリが最新版かどうかを確認する方法

  1. Appstoreで「アプリ名」を検索
  2. Appstore上のアプリのページで、アプリのアイコンのすぐ右のボタンが「開く」になっていれば最新版、「アップデート」になっていればアップデートが必要なバージョンです。
  3. 「アップデート」となっていた場合は、「アップデート」ボタンを押して、アプリを最新バージョンにします。

ボタンのすぐ下に、アップデート履歴が表示されていて、「バージョン履歴」から今までのアップデート履歴を確認することができます。

ロック画面に設定したいアプリがロック画面へのウィジェット設置機能に対応していない

ロック画面にウィジェットを設定したい場合でも、アプリ側がロック画面へのウィジェットの設定機能に対応していない場合はウィジェットを設置することができません。

その場合、アプリがロック画面のウィジェット設置機能に対応するのを待つ必要があります。

その他一時的な不具合の可能性

その他にiPhoneやiOS側の一時的な不具合によりロック画面がカスタマイズできない状態になっている可能性もあります。

その場合、iPhoneの再起動を行うことで不具合が改善される場合があります。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイン事業やスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営等のIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。