iOS16でロック画面の通知をリスト表示形式にできる?iPhoneで通知位置を上にしたい場合は?のサムネイル画像

iOS16でロック画面の通知をリスト表示形式にできる?iPhoneで通知位置を上にしたい場合は?

#iPhoneのロック画面カスタマイズ

iOS16のロック画面は通知領域が狭くなり通知の表示形式や位置が変わった

2022年に登場したiOS16をインストールしたiPhoneは、ロック画面に表示される情報の配置や内容、表示される文字の色やフォント等のデザインを自由にカスタマイズできる点が特長です。

それに伴って、今までリスト形式で通知情報の一覧が表示されていた画面に慣れていた人からは、「通知が表示されている領域が狭くなって新着情報がわかりづらい」という声が聞こえてきそうです。

iOS16で変わったロック画面の通知表示のスクリーンショット

当記事では、iOS16のiPhoneでロック画面のレイアウトを通知を元のレイアウトに戻すことはできるのか?設定方法を解説します。

iOS16でロック画面の通知をリスト形式にすることは可能

iOS16にアップデート済みのiPhoneでロック画面のレイアウトを完全に元に戻すことはできませんが、通知の表示を元の一覧形式での表示に近づけることは設定アプリから可能です。

クイック解説

1.設定アプリを開いて、「通知」をタップします。
2.「リスト」をタップします。
3.ロック画面上での通知が表示される領域が広がり、元のリスト方式の通知表示に近くなりました。

画像で詳しく解説

1.設定アプリを開いて、「通知」をタップします。
2.「リスト」をタップします。

3.ロック画面上での通知が表示される領域が広がり、元のリスト方式の通知表示に近くなりました。

iOS16で設定できるロック画面の3つの通知レイアウト

iOS16ではロック画面の通知の表示形式を、

  1. 件数→通知件数などの簡易的な情報がロック画面下部に表示され、タップすると通知の内容がわかる
  2. スタック→通知がロック画面下部にコンパクトにまとめられていて、タップすると展開される
  3. リスト→従来のロック画面のリスト形式での通知表示に近い

の3つから選択することができます。

左→件数の設定にした場合のロック画面の通知表示の例
右→スタックの設定にした場合のロック画面の通知表示の例

iOS16ロック画面の通知表示を件数に設定した場合のスクリーンショットiOS16ロック画面の通知表示をスタックに設定した場合のスクリーンショット

リストの設定にした場合のロック画面の通知表示の例

iOS16ロック画面の通知表示をリストに設定した場合のスクリーンショット

iOS16で元の通知レイアウトに戻したり通知位置を上にすることはできない

上記の設定により、ロック画面で従来のリスト形式での通知表示にすることはできますが、完全に元の位置や画面の上側に通知位置を変更する設定オプションは用意されていません。

iPhoneのロック画面の小型ウィジェットを有効活用しよう

2022年に登場したiOS16をインストールしたiPhoneは通知表示領域がコンパクトになりました。

一方で、ロック画面に好みの情報を表示させるためのウィジェットを最大4つまで配置することができることが特長です。

ウィジェットはデジタル時計の下部に最大で4つまで設置でき、デジタル時計上部にも横長のテキスト中心のウィジェットを表示でき、以下の記事でやり方を解説しています。

ロック画面に表示できる小型のウィジェットは今後はサードパーティアプリも対応する予定となっており、うまく活用することでロック画面上で必要な情報を素早く知ることが可能なロック画面にカスタマイズすることができそうです。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイン事業やスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営等のIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。