iOS16のiPhoneでロック画面からPayPay(ペイペイ)を開けるようにするやり方は?のサムネイル画像

iOS16のiPhoneでロック画面からPayPay(ペイペイ)を開けるようにするやり方は?

#iPhoneのロック画面カスタマイズ

iOS16のiPhoneでロック画面からPayPay(ペイペイ)を起動できる

iOS16のiPhoneでは、ロック画面にウィジェットを表示できるようになっています。

iOS16のリリース以降ウィジェット対応のアプリが増えていて、決済アプリPayPay(ペイペイ)のウィジェットも設定することが可能になりました。

PayPayのウィジェットを追加しておけば、ロック画面から1タップで素早くQRコードを表示できるので、お会計がスムーズに行えます。

この記事では、iOS16のiPhoneでロック画面からPayPay(ペイペイ)を開けるようにするやり方を解説します。

iOS16のiPhoneでロック画面にPayPay(ペイペイ)を追加するやり方

クイック解説

1.iPhoneのロック画面を長押しタップし、編集したいロック画面の下の「カスタマイズ」をタップします。
2.「ロック画面」をタップします。
3.「ウィジェットを追加」をタップします。
4.「PayPay」をタップします。
5.追加したいウィジェットのサイズを選んでタップします。
6.「完了」をタップしてロック画面の編集を終了します。

画像で詳しく解説

1.iPhoneのロック画面を長押しタップし、編集したいロック画面の下の「カスタマイズ」をタップします。

2.「ロック画面」をタップします。

3.「ウィジェットを追加」をタップします。

4.「PayPay」をタップします。

5.追加したいウィジェットのサイズを選んでタップします。

PayPayのウィジェットは、正方形と長方形の2種類のサイズが用意されています。

6.「完了」をタップしてロック画面の編集を終了します。

PayPay(ペイペイ)のウィジェットにはPayPay残高を表示することも可能

iPhoneのロック画面に表示できるPayPayのウィジェットは2種類のサイズがありますが、長方形の大きいサイズの方にはPayPayの残高を表示することが可能です。

残高を表示したい場合は、追加したウィジェットをタップして「PayPay残高を表示する」の右側のボタンをタップして有効(緑色の状態)にしてください。

これで、ロック画面からPayPayの残高を確認することができるようになります。

PayPay残高の表示をオンにすると、iPhoneのロックを解除しなくても残高がわかって便利ですが、「人に見られるかも」と気になる方はオフにしておくと良いでしょう。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

iPhoneのロック画面カスタマイズ記事一覧

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。