iOS16のiPhoneロック画面で人物の写真の後ろに時計を重ねるやり方!立体的な3Dに!のサムネイル画像

iOS16のiPhoneロック画面で人物の写真の後ろに時計を重ねるやり方!立体的な3Dに!

#iPhoneのロック画面カスタマイズ

ロック画面に被写界深度エフェクト機能で人物や動物の写真の後ろに時計を配置できる

2022年に登場したiOS16をインストールしたiPhoneは、ロック画面に表示される情報の配置や内容、表示される文字の色やフォント等のデザインを自由にカスタマイズできる点が特長です。

さらにロック画面上に配置する人物やペットなどの被写体のある写真を、時計の手前に配置してロック画面を立体的に見せることができる機能も登場しました。

当記事では、iOS16のiPhoneでロック画面で人物や動物などの被写体の後ろに時計を立体的に重ねるやり方を解説します。

iOS16のiPhoneロック画面で人物や被写体とデジタル時計を重ねる方法

iOS16にアップデート済みのiPhoneでは、ロック画面のカスタマイズに被写界深度エフェクト(マルチレイヤーエフェクト)機能が利用できます。

写真の中から人物や動物、建造物などの手前側にある被写体を自動的に判別して、背景との間にデジタル時計を挟み込むように表示する技術です。

クイック解説

1.右下の「+」ボタンをタップします。
2.左上の「写真」をタップしてから、被写体と背景に分かれている写真をタップして選択します。
3.2つの指で画像をピンチイン&ピンチアウトして時計付近に画像の境界を重ねると、自動的に数字の手前に人物や動物など被写体となっている部分と遠景の境界が重なります。
4.右上の「追加 or 完了」をタップします。
5.「壁紙を両方に設定」or「ホーム画面をカスタマイズ」で設定を進めます。
6.作成したロック画面をタップすると設定が完了します。

画像で詳しく解説

1.右下の「+」ボタンをタップします。
2.左上の「写真」をタップしてから、被写体と背景に分かれている写真をタップして選択します。

左上の「写真」をタップします。の操作のスクリーンショット

3.2つの指で画像をピンチイン&ピンチアウトして時計付近に画像の境界を重ねると、自動的に数字の手前に人物や動物など被写体となっている部分と遠景の境界が重なります。
4.右上の「追加 or 完了」をタップします。

  • テレビのGG合成のための青や緑一色の背景での撮影でなくても、自動的に被写体と背景を分離してくれることが多いです。
  • 時計の下にウィジェットを配置すると被写界深度エフェクトがオフになります。

5.「壁紙を両方に設定」or「ホーム画面をカスタマイズ」で設定を進めます。
6.作成したロック画面をタップすると設定が完了します。

人物など手前に写っている被写体の後ろに時計の数字を重ねた、3D的なビジュアルのロック画面が作成できました。

iPhoneのロック画面で人物と時計が重ならない場合はどうすれば?

ロック画面をカスタマイズ中に、人物やペット、建造物などの被写体の輪郭を時計に近づけでも重ならない場合は、被写界深度エフェクトがOFFになっている場合があり、手動でONにすることで重なるようになる場合があります。

1.写真の被写体を時計の数字に重ねてから右下の「・・・」ボタンをタップします。
2.被写界深度エフェクトをタップしてONにします。

  • 背景と手前に映る人物や動物、物体などとの境界が曖昧な場合や、背景と被写体の境界が時計の位置と合わない場合(被写体が写真の大部分を占める or 被写体が写真のごく一部)は、被写界深度エフェクトボタンがグレーになってONにできない場合があります。

被写界深度エフェクトがONになることで、時計の数字の手前に人物などの被写体が三次元的に重なって表示されました。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイン事業やスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営等のIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。