iPhoneのメモアプリで鍵(ロック)をかけるやり方を解説!のサムネイル画像

iPhoneのメモアプリで鍵(ロック)をかけるやり方を解説!

メモアプリのパスワード設定方法を解説!

メモアプリはiPhoneに元から入っているとても便利な無料アプリです。

メモをするだけではなく、表を作ったりペイント機能もついている優れものです。

使いやすいため、サイトやアプリのユーザー名、パスワードや個人情報をメモする方も多いはず。

うっかり携帯を落としてしまったり、携帯のロックが解除されてある状態で他人にメモの内容を見られてしまっては大変ですよね。

そこで当記事ではメモアプリにロック(鍵)をかけるやり方を解説致します!

メモアプリでは、パスワードを設定する事でロックをかける事が出来ます。

設定方法は2つありますのでそれぞれ説明致します。

iPhoneの設定画面から設定する方法

まずはiPhoneの設定画面の「メモ」の箇所をタップします。

次に「パスワード」をタップするとパスワードの設定画面が表示されます。

「パスワード」と「確認」の枠だけが必須で、「ヒント」は推奨になっていますがヒントも設定する事をオススメ致します。

もし今後パスワードを2度誤って入力してしまった場合にはヒントが表示される様になるので、パスワードを忘れてしまった場合に役立ちます。

メモアプリから設定する方法

まずはロックしたいメモのページを開き、右上のアイコンをタップします。

次にロックのアイコンをタップ。

すると先ほどiPhoneの設定画面から行った時と同様にパスワード設定画面が出てきますので、ヒントも一緒に設定しましょう。

実際にメモアプリのロック方法を解説

パスワードを設定した事で下準備は完了ですので、実際にどの様にロックをかけるか解説致します。

ロックしたいメモを開き、右上のアイコンをタップ。

「ロック」をタップすると、ロックするにはまずパスワードの入力が必要になりますので打ち込みましょう。

打ち込んだ後「OK」をタップして、右上の鍵アイコンをタップすればロックをかける事の成功です!

ロックがかかっているメモアプリは題名の横に鍵アイコンが付き、「ロックあり」と表示されます。

メモをタップすると「このメモはロックされています」と表示され、パスワードを入力しないと確認出来ない様になります。

複数のメモにロックをかけた場合、パスワードは異なるか?

複数のメモにロックをかけた場合には、パスワードはすべて同じです。

メモによってパスワードを変える事は出来かねますのでご了承ください。

パスワードを忘れてしまった際の注意点

パスワードを忘れてしまった場合は、再度変更する事もできますが、それは今後新しくメモをロックする際に利用するパスワードになりますので、元々ロックをかけていたメモを開くためには利用できません。

Appleにお問い合わせ頂いても元々ロックをかけていたメモを再度閲覧する様にはできないようです。

Face IDやTouch IDで登録される方も多いかと思いますが、今後パスワードの変更であったり、Face IDとTouch IDの設定をアップデートした際には、メモのパスワードを再入力する必要が出てくるのできちんと覚えておきましょう。

ですのでパスワードはどこか安全な箇所やアプリに控えておくなりして保管する事をおすすめ致します!

Follow

フォローして情報を受け取る