iPhoneのメモアプリで間違えて消した場合の復元方法&対処法を解説!のサムネイル画像

iPhoneのメモアプリで間違えて消した場合の復元方法&対処法を解説!

iPhoneのメモアプリを間違えて削除した場合、復元はできる?

日々の生活の中で、リスト作成やタスク管理の際に便利なiPhoneのメモアプリ。

iPhoneに最初から入っていて、もちろん無料でとても使いやすくシンプルなデザインのアプリ。

操作が簡単なのは良いですが、簡単にメモを削除する事も可能なので、誤って行ってしまい慌てる方も少なくはないのでは。

そこで当記事ではメモを間違えて削除した場合に復元はできるのか、またその復元方法&対処法を解説致します!

まずお伝えしたいのは、メモを削除してしまっても復元する事は可能です!

削除をしてから30日以内であれば簡単に復元が出来ます。

メモアプリの復元方法を解説!

では実際の復元方法を解説致します。

まずメモを削除してしまった際には、アプリ内のフォルダのページを開きましょう。

「最近削除した項目」のフォルダの中に、過去30日間で削除したメモのデータが保管されていて、復元方法は2つあります。

メモを移動させて復元

「最近削除した項目」ページ右上の「編集」ボタンをタップすると、メモを選択する事が出来る様になりますので、復元したいメモを選択。

左下の「移動」をタップし、復元先のフォルダを選択するとそのフォルダに復元されます。

メモを開いてから復元

「最近削除した項目」ページから、復元したいメモをタップします。

メモを開いた状態で画面をもう一度タップすると注意書きが表示されますので「復元」をタップすればそのメモが元々あったフォルダに復元し完了です!

注意して頂きたい点ですが、「最近削除した項目」ページに削除したメモが保管されるのは削除をしてから30日間のみです。

その日数が過ぎると完全にメモが削除され復元する事が出来なくなります。

またメモアプリのバックアップをiCloud取っていれば、再度iPhoneに同期すれば問題はないと思われている方も多いですが、それを行う場合には一旦iPhoneを初期化しないといけないのでオススメしません。

うっかり削除をしてしまっても、30日間も最近削除したメモとしてフォルダーに残るので、後回しせず、すぐに確認と復元を心がけて頂ければと思います!

Follow

フォローして情報を受け取る