ピクチャ・イン・ピクチャをiPhone(iOS14)でオフにして無効化する方法を解説!

iOS14へのアップデートで「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が使えるように

2020年9月に発表されたiOS14へ、iPhoneをアップデートすることで、動画やビデオ通話の再生中に動画を再生しているアプリを隠すと、小さいウィンドウで動画やビデオ通話の再生を継続する、ながら見ができる機能「ピクチャ・イン・ピクチャ」が導入されました。

現在はFacetimeやAmazon Prime Videoなど一部の有名アプリのみで使用できるピクチャ・イン・ピクチャ機能ですが、今後ビデオ通話アプリや動画アプリなどに対応が広がっていくものと思われます。

ピクチャ・イン・ピクチャは特に事前の設定無く使える点が魅力ですが、中には鬱陶しく感じている方もいるかもしれません。

ピクチャ・イン・ピクチャをオフにして無効化する方法を当記事で解説します。

iPhoneでピクチャ・イン・ピクチャをオフにして無効化する方法

iPhoneでピクチャ・イン・ピクチャ機能自体を無効化する方法は、以下の通りとなります。

①iPhoneで設定アプリを開いて、メニューの「一般」をタップします。

②出てきたメニューの「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップします。

③「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的に開始」トグルをオフにします。

④トグルが緑から薄いグレーに変化すれば、ピクチャ・イン・ピクチャがオフになり無効化されている証拠です。

この設定により、どのアプリを使用しても、ピクチャ・イン・ピクチャが自動で開始されることは無くなります。

iPhoneでピクチャ・イン・ピクチャの動画の再生を終了させる方法

ピクチャ・イン・ピクチャをiPhone全体で一括無効化するのではなく、今再生されてしまっているピクチャ・イン・ピクチャを終了させたい場合の操作方法です。

ピクチャ・イン・ピクチャで再生されている動画またはビデオ通話のウィンドウを1回タップすると、左上に小さい「✗」マークが表示されます。そのバツマークをタップすると、ピクチャ・イン・ピクチャが終了します。

リリースされたばかりのピクチャ・イン・ピクチャは今後の改善に期待

ピクチャ・イン・ピクチャ機能は、2020年9月にiOS14の機能としてリリースされました。

ピクチャ・イン・ピクチャを使えば、動画を再生させながら、スマホアプリを操作できるので、時間の使い方が効率的になりそうですね。

現在は、ピクチャ・イン・ピクチャをアプリごとに無効化・有効化するなど細かな設定はできませんが、今後改良により可能になる可能性も考えられます。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る