iPhone SE3(第3世代)はなぜ安い?その理由を解説【2023最新】のサムネイル画像

iPhone SE3(第3世代)はなぜ安い?その理由を解説【2023最新】

#iPhone機種

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 5/20より増額!LINEMOミニプラン最大8ヶ月実質無料キャンペーン中!新規契約とMNP乗換で対象。スマホプランは対象外。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換は対象外。※PayPayポイントが対象となるキャンペーンとの併用は不可。特典は出金・譲渡不可。※PayPay残高決済でミニプラン2ヶ月相当還元は適用期間中にPayPayを10,000円利用で20%還元。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

2022年発売のiPhone SE 3(第3世代)の価格は安い?

【2023年3月更新】

新型で低価格・コンパクトなiPhone SE(第3世代)がAppleにより2022年3月に発売されました。

iPhone SE3(第3世代)が、最新型のiPhone 14等他のiPhoneよりも大幅に安い価格で販売される理由は以下が挙げられます。

  • iPhone SEの「SE」は「Special Edition」の略
  • Appleによる低価格戦略とエコシステムへの取り込み戦略
  • iPhone SE(第2世代)とほぼ同じ筐体を利用しコストダウン
  • カメラ性能は単眼カメラでコストダウン
  • 本体性能も最新iPhone 14と比べると低め

当記事ではiPhone SE(第3世代)が他のiPhoneより安めで販売される5つの理由を解説します。

2022年発売のiPhone SE(第3世代)購入はオンラインがスムーズ!

iPhone SE3(第3世代)がiPhone 14より安いのはなぜ?理由は?

iPhone SE3(第3世代)が、最新型のiPhone 14等他のiPhoneよりも大幅に安い価格で販売される理由は以下が挙げられます。

  • iPhone SEの「SE」は「Special Edition」の略
  • Appleによる低価格戦略とエコシステムへの取り込み戦略
  • iPhone SE(第2世代)とほぼ同じ筐体を利用しコストダウン
  • カメラ性能は単眼カメラでコストダウン
  • 本体性能も最新iPhone 14と比べると低め

iPhone SEの「SE」は「Special Edition」の略

iPhone SEの「SE」は「Special Edition」という意味の略となります。

iPhone SEシリーズは小型画面や高コスパなスマートフォンとして、日本でも一定の人気を誇っています。

「Special Edition」には低価格かつ小型画面サイズのスマホを好んでいる一定のユーザーに向けた「特別仕様」という意味合いがあるものと思われます。

<iPhone Mania>「iPhone SE」の「SE」は「Special Edition」の略と判明!

2022年発売のiPhone SE(第3世代)購入はオンラインがスムーズ!

Appleによる低価格戦略とエコシステムへの取り込み戦略

AppleのiPhoneシリーズはハイエンドスマホ市場では高い人気とシェアを誇っていますが、低〜中価格帯のスマホ市場では新興国を中心にAndroidスマートフォンの人気が根強いです。

最新のiPhone 14シリーズ等のハイエンドiPhoneと比べると、性能は低いながら大幅な低価格化を実現したiPhone SE(第3世代5G)の販売により、低〜中価格帯の市場へAppleが切り込もうとしている様子が伺えます。

Appleの他のスマートフォンメーカーとの違いは独自のOSを持っていて、MacやiPad、iPhone、Apple WatchといったAppleデバイスと各OS、アプリストアやiCloudといったサービス群によるエコシステムができていることが挙げられます。

iPhone SE(第3世代5G)の発売により今後数年間はiPhone SE系機種が継続販売されることになります。

Appleのエコシステムへの入門機としてiPhone SE3(第3世代5G)は位置づけられており、iPhone SE3を購入したユーザーに将来的にハイエンドiPhoneや他のAppleデバイスを購入してもらうきっかけとなりそうです。

2022年発売のiPhone SE(第3世代)購入はオンラインがスムーズ!

iPhone SE(第2世代)とほぼ同じ筐体を利用しコストダウン

iPhone SE3(第3世代)は、2020年に発売されたiPhone SE(第2世代)とほぼ同じ設計の筐体を利用することが有力視されています。

従来機種の筐体を利用することにより、iPhone SE(第3世代)の開発コストを抑えることにつながります。

カメラ性能は単眼カメラでコストダウン

最近の最新iPhoneには複数のカメラが組み込まれていることが多いですが、iPhone SE3(第3世代)はiPhone SE(第2世代)と同じく単眼のカメラとなる可能性が高いです。

iPhone SE3(第3世代)の1年前に発売されたiPhone 13/mini/Pro/Pro Maxと比べるとカメラの性能は劣りますが、カメラの性能のこだわりがあまりないユーザーにとっては、コストダウンに繋がり朗報かもしれません。

本体性能も最新iPhone 14と比べると低め

iPhone SE3(第3世代)に搭載される、スマートフォンの性能を左右するチップも最新のものが搭載されますが、iPhone 14系と比べると低めの性能に抑えられています。

また、画面解像度もiPhone 14系と比べると大分解像度が低い(画面サイズ自体も小さい)ため、最新の性能を求める方であればiPhone 14/14Proシリーズの購入がおすすめです。

2022年発売のiPhone SE(第3世代)購入はオンラインがスムーズ!

Appleが2022年3月9日(日本時間)に新製品発表会を開催

Appleによる2022年3月9日(日本時間)のイベントで、iPhone SE (第3世代)が正式に発表されました。

iPhone SE(第2世代)のデザインを踏襲した形状で5Gに対応し、A15 Bionicチップを搭載した小型タイプのiPhoneとなります。

価格はAppleによる販売の場合、62,800円(税込)〜となっています。

<Apple公式サイト>iPhone SE 第3世代の製品情報ページ

iPhone SE3(第3世代)のスペックは?

iPhone SE3(第3世代)の主なスペックは以下の通りです。

  • カラー:スターライト・ミッドナイト・PRODUCT RED(レッド)の3色
  • 容量:64GB・128GB・256GB
  • サイズ:幅67.3mm、高さ138.4mm、厚み7.3mm
  • 重さ:144g
  • ディスプレイ:4.7インチで1334px × 750px
  • チップ:A15 Bionicチップ/2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU/4コアGPU/16コアNeural Engine
  • Touch ID・ホームボタン:搭載

2022年発売のiPhone SE(第3世代)購入はオンラインがスムーズ!

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 5/20より増額!LINEMOミニプラン最大8ヶ月実質無料キャンペーン中!新規契約とMNP乗換で対象。スマホプランは対象外。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換は対象外。※PayPayポイントが対象となるキャンペーンとの併用は不可。特典は出金・譲渡不可。※PayPay残高決済でミニプラン2ヶ月相当還元は適用期間中にPayPayを10,000円利用で20%還元。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。